韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
** eastwindさ..
by tejisekki at 13:33
おはようございます。 ..
by eastwind-335 at 06:13
**カステラさん** ..
by tejisekki at 22:34
初めましてこんにちは! ..
by kasutera0141 at 22:45
**eastwindさん..
by tejisekki at 23:06
検索
タグ
(413)
(276)
(169)
(161)
(119)
(116)
(100)
(56)
(45)
(38)
(34)
(31)
(27)
(24)
(23)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
旬が終わる前に・・春のナムル
日本での日記を載せてる間に、ナムルの旬がが終わってしまいそうなので、ちょっと一息入れます。韓国では今スーパーの野菜コーナーに行くと、春のナムルが出回っています。
c0153134_1835225.jpg

上の写真のご飯の上にのっかっているのが、トルナムル(日本名:ツルマンネングサ)とタルレ(日本名:ヒメニラ)の和え物です。唐辛子、お酢、砂糖、ごま油でさっぱりとした味付けで和えました。日本では見たこともな葉っぱたちなので、初めて見た時はきれいに洗われた雑草にしか見えませんでした^^;;食べてみると、トルナムルは葉が柔らかく、香り高くて、タルレは根の球根みたいな部分にピリッとした辛味があり独特な香りでなかなかおいしいです。
c0153134_184268.jpg

春のナムルは和えたものをおかずとしても頂くのですが、写真のように簡単ピビンパにして食べるのが基本だそうです。(ウォン情報なので本当かどうかはわかりません・・)
c0153134_184146.jpg

最初はお店のピビンパに入っているコチュジャンを出さないと辛くて食べられなかったのに、今では入ってないと寂しさを感じるようになりました。でも辛いものは胃によくないので気をつけないといけません。
c0153134_1844416.jpg

そしてこれは、ネンイ(日本名:ナズナ)です。調理に入る前の写真を撮らないといけないのにすべて調理後ですね・・。これはウォンが大好きで、この季節になると必ず買わされます。でも、これこそ雑草!!根には土がたくさんついているし、根と葉の硬い部分は取り除かないといけないし、本当に手がかかります。大きなビニール袋にいっぱい詰めて買ってきても、手入れをして茹でるとこれだけにしかなりません(涙)
c0153134_185232.jpg

そんな手のかかるネンイですが、私はこのナムルが一番好きです。香りが本当にいいし、コチュジャンとごま油、にんにくで和えるだけで十分おいしい。

春のナムルは100gで100円しないくらいお手ごろで、ご飯が進むおかずになります。下ごしらえを面倒くさがらずに、いまのうちにたくさん出さないといけないですね。



3月は帰国もあって、仕事もゆっくりペース。かなりダラダラしていたし、帰ってきてからはぼーっとすることや、理由もなく憂鬱になることも多かったです。

そんな私にありがたーいお話が・・4月から新しいお仕事が増えました。今回のお仕事は私にはもったいないくらいの、大きなお仕事(私にとっては)。毎日1時間以上起きるのが早くはなりましたが、すごく充実した気分です。やっぱり私は手が止まると、心まで元気がなくなっちゃうみたいです。とりあえず、また前向きになれそうなので良かったです。

今までは、ウォンを見送るために出勤時間に合わせて必死で起きるという感じでしたが、今は完全に目が覚めるのはウォンを起こす時間です。朝からてきぱき動いている私を見て不思議がっていました。

新しい生活に慣れるために頑張ります!
[PR]
by tejisekki | 2009-04-07 18:32 | COOKING | Comments(0)
<< 京都 北山紅茶館 京都での不運な一日・・ >>