韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
**eastwindさん..
by tejisekki at 21:49
こんばんはー。 新しい..
by eastwind-335 at 21:18
** eastwindさ..
by tejisekki at 22:13
テジさん、頑張れー! ..
by eastwind-335 at 22:20
**ゆっこさん** コ..
by tejisekki at 22:43
検索
タグ
(429)
(281)
(172)
(161)
(125)
(121)
(102)
(59)
(46)
(40)
(38)
(32)
(27)
(26)
(23)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
食パンサラン
c0153134_14552818.jpg
焼き上がった食パンの写真を取ってたら
そうも撮ってよーとポーズ。
別にポーズをリクエストしたわけではありません。
娘の食パンへのサランでしょうか^^;



c0153134_14582146.jpg
まだいまいちわかっていない蓋の閉めどきと成形の仕方。
帰省したときにちゃんと本見ておけばよかったなー。

てっぺんまで1.5cmというところで蓋を閉めて
10分置いてから焼いたんですが
隅まで生地が伸びてない・・・
見極めが難しいです。



娘の前歯のその後の話です。
ちょっとぐらぐらし始めたかなーというぐらいで
変化がないように思ってたんですが
今朝歯磨きの仕上げをしていると
歯ブラシで磨いているだけでもぐらぐらしてるのが目に見える!
「あれ?これけっこうぐらぐらしてるやん」と指摘すると
「べろで押したらちょーっと、ほんまにちょーっとだけ動く感じがするだけだよ」
と言い切ります。

知り合いの1つ上の男の子は
歯が抜ける本当の直前まで黙っていたそうな・・・
ぐらぐらしてるのがばれたら、お母さんに抜かれると思ったらしく
ひた隠してたそうです。
結構怖いと感じる子が多いもんなんですねぇ。
[PR]
by tejisekki | 2016-02-01 15:08 | BREAD | Comments(2)
Commented by myokamin at 2016-02-02 10:33 x
そーちゃんかわいい!
ホントに一番かわいい時ですよね。
先輩ママさん達に言われ、日々実感しています。

先日配られた保育園からのプリントに、歯が抜けるなどの身体的変化で
急激に幼児からお兄さん、お姉さんになるんだとか。
科学的根拠はないけど沢山の子供達を見てきた経験で、と書いてありました。
おしゃまなお姉さん、ますます楽しみですね♪

私は抜けた歯を見逃さないように、記念にとっておきたいです!(まだまだですが^^;)
テジさんは保管しますか?
良かったら保管方法なんかも教えてくださいね^^
Commented by tejisekki at 2016-02-03 12:44
**myokaminさん**
本当に今このときが子供との濃いー時間だなーと思います。
色々なことが自分でできて、お世話の大変さがぐっと減ったけど
遊びの幅は広がり、会話が弾んでおもしろい!
もうちょっとしたら、少しずつ離れていく寂しさをもっと感じるんでしょうね^^;

身体的変化が心にも影響を及ぼすんですねー。
うちはどうなることやら。
娘は乳歯を死守しようと、もう触らせてもらえないんですけどね。

保管したいんですが、とにかく怖がりの娘なので
捨ててといいそう・・・
私もアッパも外に放り投げた記憶があります。
他のママさんもそんな話してたので、投げるのが一般的なのかな?!
でも韓国でも乳歯ケース売ってるので、保管する家もあるようですね^^
<< 手紙 羨ましくなる絵本 >>