韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
**eastwind-3..
by tejisekki at 11:49
おめでとうございます! ..
by eastwind-335 at 07:03
**マチルダさん** ..
by tejisekki at 09:30
日本昔ばなし101、私も..
by マチルダ at 11:43
**eastwindさん..
by tejisekki at 21:49
検索
タグ
(433)
(283)
(172)
(163)
(125)
(121)
(102)
(60)
(46)
(40)
(38)
(32)
(27)
(26)
(23)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:COOKING( 347 )
チルヂョルパン
c0153134_14173598.jpg
先週の復習は、チルヂョルパン
前菜になる料理です。
けど、うちではもちろんメイン!
こんな手のかかる前菜はメインで。

それぞれの材料を千切りして、それぞれ下味つけて炒めます。
中力粉をクレープくらいのゆるさに水でといたものを焼いたのが
ミルヂョンビョン。
それに具を入れて、辛子のソースでいただきます。
おととしのミルヂョンピョンより薄くきれいに焼けてます^^v

今まで練り辛子を買っていたんですが
いつも使い切らないまま、賞味期限を迎えて捨てていました。
でも授業で粉辛子とその練り方を教えてもらい
使う分だけ練ってソースを作るようになりました。
経済的だけど、日本では粉からしって売ってるかな・・?




c0153134_14172912.jpg
こちらはプリンのような・・・ケランチム。
日本で言うと、茶碗蒸しですね。

卵液と同量の水をといて漉し、味付けはアミの塩辛で。
火の調節をしっかりして、ぐらぐら沸騰させずに湯煎で火を入れると
こんなにきれいに仕上がるんです!!
これ、プリンも同じようにしたら
最高の出来のプリンになりましたよー。
オーブンより、蒸し器より、この方法が私には簡単でした。

プリンもケランチムも娘が大絶賛
毎日でも食べたい卵料理だそうです。
試験も大事だけど、家族に喜んでもらえるのは嬉しい。




おまけ・・・
c0153134_14173998.jpg
うちでは白米を炊くときは、ほぼ土鍋です。
最近はしっかりおこげを作るように炊いて
全部ご飯をよそったあと熱い状態のまま
お水を入れてスンニュン(おこげ湯)にしています。

そうすると、食後のデザートと言って
ご飯を食べ終わった娘がスプーンを持ってくるんですが
この日はアッパとも分けて量が少なめだったので土鍋ごと^^;;

白いご飯は進んで食べないのに、スンニュンにするとよく食べるんですよねー



[PR]
by tejisekki | 2017-07-10 14:37 | COOKING | Comments(0)
茶色ビビンバ
c0153134_22424550.jpg

今月で調理師の授業が終わり、月末には試験を受けるつもりなので
毎日1品は練習中。

こちらは時間のかかるビビンバ。
もともとうちでビビンバになるときは
「よし!ビビンバ食べよう!」とナムルを用意するのではなくて
「ナムル色々残ってるなー、かき集めてビビンバしよっか」という感じなので
こんな風に一から用意するのがとても大変^^;

ご飯鍋炊きして、ナムル作って、昆布揚げて、ヤクコチュジャン作って・・・
50分で仕上がるのでしょうか。

本当は緑豆のムッが入るんですが
家にあるどんぐりムッで代用して作ったせいで
一気に茶色いビビンバになりました^^;

ナムル類ちょっと太いなぁ・・・
規格の0.3cm超えてます。




c0153134_22251617.jpg
こちらはちゃんとしっかり規格を守ろうと
がんばって細く千切りにしたトラジの和え物。
細い分、しっかり味がしみておいしいー
こういう和え物のとき、最後に分量外の酢を1滴落とすのがポイントだそう。
見た目、みずみずしく仕上がるそうです。





c0153134_22273897.jpg
こちらは一番最初に書いたメジャックワの復習。
本来は松の実を砕いて粉状にするんですが高価なのでアーモンドで代用。
家族に人気のお菓子です。


さ、あともうちょっと頑張りますよー



[PR]
by tejisekki | 2017-07-04 22:40 | COOKING | Comments(0)
辛くないビビン麺
c0153134_14443018.jpg
2日お休みが続いたので練習、練習。
昨日は娘もお昼が一緒だったので
辛くないタイプのビビン麺を練習しました。
きゅうりを炒め、椎茸と牛肉も下味をつけて炒め
醤油と砂糖で作った甘いたれを絡めます。

辛味がなく、きゅうりの歯ごたえが面白いし
味付けも、子供にあげるのにぴったりな麺料理。
ソウは素麺料理の中でこれが一番好きだそうです。

やっぱり私は卵の白身が嫌いなので
混ぜてしまって錦糸卵にしました。
他に糸唐辛子、イワタケという希少なきのこを上に飾ります。
家では省略!
イワタケ、日本でも食べるんですねー。
私は教室で初めて見ました。





c0153134_14442341.jpg
そしてこちらはメジャックワ。
以前にものせましたが、家で揚げるのは初めて。
夕飯がから揚げだったので、そのついで?前座で練習!
昨日のおやつです。
ぱりぱりやっぱりおいしい。




昨日、娘は幼稚園をお休みしました。
鼻水と咳がちょっとあったんですが、旅行の後すぐに登園だったので
ちょっと可哀想でお休みにしようーということに。

で、休めたのは娘よりも私かも・・^^;
遊ぶ娘のそばで1時間ほどぐっすりお昼寝しました。

出る用事が続いたりして疲れていると
週に1,2回はお昼ごはん後猛烈に眠くて昼寝するようにしてるんですが
幼稚園に送るようになってからは、10~15分で目が覚めてしまって
しっかり寝れないんです。

というのも、幼稚園の最初の説明会のときに
「バスのお迎えに遅れて連絡もとれないときは
そのまま幼稚園に戻します。
他のお母さんに預かってもらうとかは無しですよー」
と脅されたため。

もちろん当然のことですが、それがプレッシャーになり
万が一でも遅れたときの、娘の恨み節がそばから聞こえてくるようで
出る用事があってもお迎えの1時間前には帰られるように時間見たり
お迎えのずいぶん前から寝始めても、10~15分で目が覚めてしまうんです。

先週までが本当に忙しくて
疲れがたまり、睡眠不足がつづいていたんですが
昨日のお昼寝ですっきり!
娘に感謝です。

娘も家遊びいっぱいしてリフッレシュできたんじゃないかな?!



[PR]
by tejisekki | 2017-06-29 14:55 | COOKING | Comments(0)
ナッツ入りサムジャン
c0153134_21502092.jpg
手作りサムジャンです。
レシピはこちらを参考にしました。
ナッツが入るのですが、サムジャンができた後食べると
入ってる感じがしなくて、私はよかったです。
料理に入ってるナッツはそんなに好きじゃないのです。

おいしくて、写真のようにかぼちゃの葉とおにぎりにしてみたり
サンチュがたくさんあるときは巻いて食べたり
週末の旅行のBBQのときにも持っていきました。
市販のものほど甘くないのと
テンジャン自体が好みの美味しいテンジャンを使っているので
全体的によし!
これからはサムジャン手作りしようと思います。



うちでは、ナッツはパンやおやつに使うか
ちりめんじゃこを炒めるときに一緒に入れるかというくらいだったんですが
親子料理教室でスーパーフードについて習ってからは
意識して少しずつとろうと心がけています。


世界のスーパーフード 10
・トマト 
・ブロッコリー
・ナッツ
・にんにく
・燕麦
・緑茶
・ブルーベリー
・ワイン
・ほうれん草
・サーモン

授業では、トマトはつぶすか火を入れて食べるほうが栄養価があがるとか
ブロッコリーは油と一緒にとるとか・・・
先生が効率的な食べ方も紹介してくれました。

3,4種は毎日採れてるかなー^^;


[PR]
by tejisekki | 2017-06-28 22:08 | COOKING | Comments(0)
鍋ごはん
c0153134_14550718.jpg
先週、練習がてらアッパのお弁当用に豆もやしご飯を炊きました。
調理師試験では普通のお鍋でご飯を炊きます。
土鍋ではご飯を炊くんですが、お鍋はまた勝手が違います。
お鍋の薄さを考慮して、しかも一人分、時間や火加減がまた違うそうです。
お弁当ご飯で要練習です。




c0153134_14551520.jpg
こちらはタンピョンチェ。
錦糸卵は省きました。
(卵の値段が下がりません 涙)

緑豆のムッと、お肉、セリ、モヤシを甘い酢醤油で和えたおかず。
豆もやしももやしも下処理で時間取られます。

ムッ好きの娘がほとんど一皿一人で食べてました。
セリが出る春のおかずだそうですが
さっぱりしているので、夏にぴったり。




[PR]
by tejisekki | 2017-06-20 15:05 | COOKING | Comments(0)
冷たいおかずと、熱いお粥
c0153134_12394982.jpg
今日の練習はオイソンというこれまたはじめましてな料理。
きゅうりに切れ目を入れて塩水につけておいて、しなっとなったら
そこに錦糸卵と、お肉+干し椎茸をつめて、甘酢をかけた料理です。
豪華なきゅうりの酢の物って感じかな。

見た目よりも?おいしくて
みんな今日は暑いから、これおかず!と言っていました。
それぞれにしっかり下味がついていますので、しっかりおかずになります。

娘が帰ったらそのまま料理教室の日なので
今日はカレーとサラダがわりにこれがおかず。



c0153134_12403743.jpg
こちらはヂャングッチュッとう
牛肉と椎茸の醤油味のお粥。
最近干ししいたけの消費が多いです^^;

本当はもうちょっとお醤油の色が出るはずなんですが
生協の醤油ってどこのメーカーのを買っても色が薄めなので
授業のときより、薄い仕上がりです。

そして、韓国のお粥ってまず浸水したお米を
ある程度つぶしてから炊いているのですね!
離乳食のときも炊く前につぶすそうです。
あと、炊く前に炒めるからきっと粘り気がでないんでしょうねー。

このお粥は肌寒いだったときの朝ごはん。
昨日はめちゃくちゃ暑かったし、今日はまた室内にいると半そでは寒いし・・・
でも全体的に見ると6月なのにそんなに暑くないなーという印象です。



c0153134_12394500.jpg
昨日は久々にスタバへ行きました。
用事があって娘と馬山に出たんですが
もう暑すぎて、シュークリームフラペチーノをグランデで!
上のクリームがおいしかったー。

「オンマ、鎮海に引っ越してからスタバ来なくなったなー。
一番近いのが馬山まで出なあかんもんなー
そういうことだけは、鎮海で残念やわ。」
と言ってました^^;;

確かに・・最近では韓国のどこの町でも割りと見かけるユニクロもスタバもないですもんねー。
田舎の性やから、仕方ない!


[PR]
by tejisekki | 2017-06-16 12:58 | COOKING | Comments(0)
ヨルムキムチ、 ちいさいモモちゃん
c0153134_11351151.jpg
今回のヨルムキムチ、ものすごくおいしくできました!
去年作ったのと同じこちらのレシピです。

が、去年のは塩気がきつかったのと、唐辛子粉が多くて茶色っぽくなったので
今回は唐辛子粉を減らして、生の赤唐辛子を多めにミキサーにかけて使い
塩はレシピの半量だけ、エクヂョ(液状の塩辛)も控えめにして
最後に味を見ながら足していきました。

とりあえず、うまくできるかわからないので1束だけ漬けたんですが
あっという間になくなりそう・・・
もう青臭さも怖くない!



c0153134_11545502.jpg
先週娘が借りてきたこちらの本。
懐かしくてたまりませんでした。


ちいさいモモちゃん

松谷みよ子/講談社

undefined

小学校の教科書だったか、先生が読んでくれた本だったか・・・
記憶はさだかじゃありませんが、1年生のときに気に入って
図書館でシリーズを借りて読んだ本です。
私が読んだのは上の人形のモモちゃんだったと思います。

ここのところ、毎日娘が読んでくれるんですが
ほとんどのお話を忘れてしまっていて
あれ?こんな話やったっけ?という感じ。

昨日読んでくれたのは、ももちゃんが帰宅の遅いお母さんに怒って
お母さんとけんかしたほかの子供たちと汽車に乗って
空に登っていってしまうというお話。
「そう悲しすぎて、もう読まれへん」とわんわん泣いてしまいました
あのころの私もこんな風に感じてたのかな^^;

シリーズのどの本を手にとっても、しっかり読まれたなーという跡があって
韓国でも子供たちにたくさん読まれてるんだなと嬉しくなりました。



[PR]
by tejisekki | 2017-06-14 12:00 | COOKING | Comments(0)
オジ弁日記4
代わり映えしませんが
お弁当日記です。

c0153134_14462249.jpg

オーブンポテト、うずら卵の醤油煮、韓国かぼちゃのアミの塩辛炒め
トングランテン、ちりめんとナッツの炒め物、カラシ菜のキムチ



c0153134_14464640.jpg
かにかまの卵焼き、にんにくの芽醤油漬け、チャプチェ
トドクのコチュジャン焼き、カラシ菜キムチ



c0153134_14464971.jpg
牛肉のチャンチョリム
にんにくの芽に小麦粉をつけ蒸してから和えたもの(ぴったりの名前が思いつかないので長い^^;)
白身フライ、卵焼き、ちりめんナッツ炒め



c0153134_14465256.jpg
ポックムコチュジャン、にんにくの芽と牛肉のオイスター炒め
れんこん天ぷら、キャベツのオムレツ
トラジときゅうりのコチュジャン和え

れんこんがこういう風に黒いのは育ってる最中に上の茎部分が折れたものだそう。
味にまったく問題なしで、娘は朝から7、8枚食べました。



c0153134_14465564.jpg
にんにくの芽コチュジャン漬け、韓国かぼちゃのアミの塩辛炒め
ウインナー、豆腐キムチ、もやしときゅうりと鶏胸肉の和え物


c0153134_14465827.jpg
キムチチャーハン、ポテトサラダ、ミートボール



c0153134_14470124.jpg
韓国かぼちゃと、椎茸のヂョン
にんにくの芽のコチュジャン漬け、さきいかの炒め物
ナポリタン
変な組み合わせ・・・^^;




c0153134_14470479.jpg
にんにくの芽醤油漬け、スパム、たまご焼き
ポックムキムチ、トラジとイカのコチュジャン和え
じゃがいもの炒め物。
20分で仕上げた寝坊弁当。


5月は連休があったり、筆記試験があったりで、前半はお弁当お休みしてました。
さ、6月は頑張るぞー










[PR]
by tejisekki | 2017-06-12 14:59 | COOKING | Comments(0)
プゴポプラギ
c0153134_13422344.jpg
調理士の授業で実物を初めて見て、作り方も初めて知ったプゴポプラギというおかず。
干したメンタイをおろし金でおろして、こんなふうに細かくふわふわにして味付けします。
ポプラギというのがふっと息を吹きかけると飛んでいくような軽いものということだそう。
オリジナル、醤油、とうがらしと3色仕上げます。
こちらもまたまた手間のかかる一品^^;

たんぱく質を十分補いながら、おかゆなんかと食べやすい病人食だそうです。
私たちよりうんーと上の世代の韓国のお母さんたちも作ってるのを初めて見るとおっしゃってました。

手間をかけただけあって
ふりかけみたいで、おいしいです。



c0153134_13421425.jpg
こちらは豆腐煮物。
こんなに気を使って豆腐を焼いて、煮たことなかったんじゃないかというくらい
割れないように気を使いました。
カメラを取りにいってる間に娘が食べて1個減ってました^^;
さいきん作ってなかったけど、娘が一人で食べてたので好きなようです。
また作ろうっと。




c0153134_13423439.jpg
こちらは椎茸のヂョン。
包丁でミンチにしたお肉に、豆腐を混ぜて椎茸に詰め
卵をつけて焼いたもの。
肉の面だけ卵をつけ、茶色い傘には卵がつかないようにし
焼き色をつけすぎても×
見た目は簡単ですが、神経を使う料理です。
今日のお弁当のおかずにしました。



調理士の授業の先生はとても穏やかで優しい方です。
慶尚道の方言って強いイメージだったんですが
こんなに柔らかく話せるの?と思うくらい先生の慶尚道弁は聞いていて心地いいです。
この先生のおかげで、クラスの雰囲気もすごく和やか。
年齢層がバラバラなんですが、わからないところを聞きあったり
お互いに味見しあいっこして、あーだこーだ言ったり。
試験に向けての授業ですが、おかげで楽しく通っています。


[PR]
by tejisekki | 2017-06-08 13:58 | COOKING | Comments(0)
本気のチャプチェ
c0153134_14495004.jpg
先週の調理士試験の練習はチャプチェ。
材料も、試験どおり全部そろえました。
にんじん、たまねぎ、トラジ、きゅうり、もやし、干ししいたけ、きくらげ、肉
これを下味をつけるものはつけ、それぞれ炒め、麺も湯がいて別に味付けして
最後に合わせる、チャプチェの本来の作り方で、作ります。

我が家のチャプチェは、残った野菜で
全部まとめて炒めて、麺は水戻ししたものを
醤油だれで一緒に炒め煮し、最後に合わせる簡単な方式。

本来の作り方で作ったら、やっぱり野菜がしゃっきりしていておいしいなー。
面倒だなーと思いますが、やっぱりちゃんと意味のあることですね。

本気のチャプチェ、家族はいつもと変わらんといいますが
私はやっぱりこっちがおいしいと思います。
お客さん用にはこっち!!



c0153134_14495302.jpg
こちらは豆腐のチョッグッチゲという汁物。
試験では牡蠣で作りますが、冷凍庫にムール貝があったので代用。
こちらも、家で作るのとは材料も、方法も違います。

やはり試験料理は見た目に綺麗です。
どの料理にも材料や完成品の規格があって、何cmに切るとか
何cmに仕上げなさいという指示があります。
最初はなんでー?と思ったんですが、出来上がったものをみると
やっぱりバランスよく、美しい。
規格にも意味があるんだなーと思います。


明日は祝日で授業もお休みなので、また復習!


[PR]
by tejisekki | 2017-06-05 15:03 | COOKING | Comments(2)