韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
** eastwindさ..
by tejisekki at 22:13
テジさん、頑張れー! ..
by eastwind-335 at 22:20
**ゆっこさん** コ..
by tejisekki at 22:43
お久しぶりです^^ な..
by tegiyuki at 14:21
** eastwindさ..
by tejisekki at 13:33
検索
タグ
(422)
(279)
(171)
(161)
(121)
(121)
(100)
(58)
(45)
(39)
(37)
(31)
(27)
(25)
(23)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:COOKING( 335 )
おいしかった おかずたち
最近作っておいしかったおかずの覚書です。

c0153134_2041454.jpg

「豆もやしとささみの和え物」


まず、いつもよく作る豆もやしのナムルに鶏ささみを入れて、いつもナムルよりもボリュームのあるおかずを作りました。本屋で料理本を立ち読みした時に、「これいいな!」と思って、作ってみたおかずです。材料を覚えていなくて、私がいつも作るナムルをちょっと濃い目に味付けして、鶏ささみを入れただけなんですが、おいしくてほとんど一人で食べました^^;

  簡単な作り方です・・
  豆もやし300g、鶏ささみ2本(大き目のもの)
  サラダ油大1、唐辛子粉大1、塩小1、おろしにんにく小1、ごま油少々

  豆もやしはゆで、ささみはレンジで加熱して、あとは調味料で和えるだけ。
  本当に簡単で、なかなかおいしかったと思います。
 (料理本のレシピどおりだともっとおいしかったかもしれませんが・・^^;)




c0153134_204453.jpg

「韓国かぼちゃのナムル」


そして、これはウォンのクンチプ(田舎の本家?)で法事の時に学んだ、韓国かぼちゃのナムルです。ズッキーニに似てるんですが、もっと色が薄くて水分が少ないような気がします。私の大好きな野菜の一つ。クンチプで食べてとってもおいしかったので、帰ってきてすぐに作ってみました。義理姉は目分量でどんどん味付けできる方なので、私もどれくらいずつ調味料を入れたらいいかわかりませんでしたが、私も味を見ながら適当に味付けしました^^;でもおいしかったんですよ!

  これも簡単な作り方・・
  韓国かぼちゃ1本半、サラダ油適量
  しょうゆ、おろしにんにく、糸とうがらし 各適量

  韓国かぼちゃを薄くスライスし、フライパンにたっぷりのサラダ油を熱して、焼きます。
 (けっこう油大めです。)焼いたかぼちゃを、ボウルに移し余分な油を捨ててから、
  しょうゆ・にんにくで味付けをして最後に糸唐辛子を入れて完成。
  かぼちゃから甘みがたくさん出るので、砂糖を入れる必要がありません。


豆もやしは日本のスーパーでも見かけるけど、さすがに韓国かぼちゃはないですよね。ズッキーニだとちょっと味が変わるような気がするし・・もし手に入ったらぜひお試しください。

サンドイッチ
[PR]
by tejisekki | 2009-06-19 20:24 | COOKING | Comments(0)
きゅうりのキムチ 「オイソバギ」
c0153134_15581687.jpg

きゅうり10本・・・

またまた、近くの卸売り市場の中にあるスーパーで、無謀な買い物をしてしまいました。だって立派でおいしそうなきゅうりが5本1000ウォンだったんです。

でもさすがに、10本だと手を変え品を変え調理しても、なかなか全部使い切れないので、半分は料理に使って、半分はキムチに。

上の写真では、けっこう赤々として美味しそうに見えるんですが、1日置いて熟成させると下のように赤さがなくなってしまいました。

キムチの赤さを出す秘訣、教えてくださーい。大根のキムチも、きゅうりのキムチも、よそのキムチより色が薄いんです・・単純に唐辛子の粉が足りないのでしょうか・・

c0153134_15582351.jpg

質素な昼ごはんです。

最近、小麦の採り過ぎでちょっと太り始めたので、お昼はベジタリアンになっています。
[PR]
by tejisekki | 2009-06-18 16:08 | COOKING | Comments(2)
納豆が恋しい日は、チョングッチャン
c0153134_11422888.jpg

私は関西出身ですが、大の納豆好きです。たまに無性に食べたくてたまらないときがあります。

韓国でも日本産の輸入納豆があるんですが、3パック4000ウォン(約330円)。たまーにお許しをもらって買うのですが、日本にいたときのように、毎朝納豆というわけにはいきません。それに冷凍輸入されているので、豆が若干ぱさぱさしていておいしくないです。

それでも納豆が食べたい!!そんな時に使うのがチョングッチャンという韓国版の納豆です。無病長寿の食品として、料理雑誌で特集が組まれるほど栄養価が高く、抗がん作用もあると言われているので、韓国でもよく食べられます。

でもご覧の通り、味噌に近くて、ネバネバ感はまったくありません。残念・・それに生ではあんまり食べないそうです。私は生をかじってしまいましたが・・^^;;


あのねばねばを味わえなくても、せめて味だけでも!!と作るのがチョングッチャン鍋です。映画「HERO」でもチョングッチャンってキムタクさんが言ってましたよね。あれです。
c0153134_11424166.jpg

見た目はテンジャンチゲと変わらないのですが、独特の納豆の風味と、納豆よりも強烈なにおいがあるチゲです。具は相性がいいと言われている、豚肉、豆腐、エホバク(韓国のかぼちゃ)、たまねぎです。

今使っているチョングッチャンは田舎から頂いてきたものなので、味がほとんどついておらずキムチを刻んでちょっと入れたり、味噌を少しだけ溶いてみたり、薄口しょうゆで味付けすることもあります。

しょっちゅう納豆が食べたくなる私は、月に2、3回登場するチゲ料理です。

おまけの ベーグル
[PR]
by tejisekki | 2009-06-15 12:04 | COOKING | Comments(6)
たまには、インスタント。
c0153134_13412250.jpg

先日、ウォンに「週末は私も休みたい!!」と怒ってしまいました。

6月に入ってから企業でのクラスをまた一つ持つことになり、時間的な余裕と心の余裕がなくなっていたんだと思います。

週末でも、朝・昼・晩ご飯を用意して、洗濯して、掃除して・・「主婦に休みはない」という言葉が痛いほど身にしみました。

パタパタ働いている私を横目に、怖がりながらもPCにかぶりついているウォンを見ていると、余計に腹が立って爆発してしまいました。忙しいのが好きって自分で言っておいて、余裕がなくなると人に当たる・・とんでもない嫁です^^;;

そんな私を見て、「一食は俺が作るよ!!」と言って作ってくれたのがヨルムピビンミョンです。ヨルムとは麺の上に載っている、大根の間引き菜で、夏前から出始める野菜です。こんな風にキムチを作ったり、韓国のみそ汁の具になることも。そしてピビンミョンは、チョコチュジャン(コチュジャン+酢+砂糖)にごま油を足して作ったたれに和えて作る、酸味のある甘辛い冷麺です。もちろんピビンミョンはインスタントです。

インスタントだけど本当においしくて、日本にいた時もウォンに送ってもらったりしてました。このインスタントラーメンがマートでたくさん並ぶようになると夏が来たんだなーと思います。

私が韓国に来た当初は本当に何も手伝ってくれなかったウォンですが、最近は私にびびったのか、悪いと思っているのか、週末は少し手伝ってくれるようになりました。私がフルで働いているわけではありませんが、一応共稼ぎ。手伝ってもらってもいいですよね?^^;; 甘えすぎかな?


そして、これ↓は疲れた自分へのごほうび☆
ソウル・イテウォンにあるpassion 5のマカロンです。
c0153134_13415279.jpg

ピスタチオ、モカ、フランボワーズです。予想通り、ピスタチオがいちばん好みの味でした。韓国でもおいしいマカロンに出会えるんだーと嬉しくなり、一気に疲れが吹き飛びました。やっぱり疲れた時には、おいしいお菓子ですねー。
[PR]
by tejisekki | 2009-06-12 14:23 | COOKING | Comments(0)
メシルチョン(梅シロップ)
c0153134_23122669.jpg

 先週、梅酒を漬ける瓶と、梅を買ってきてメシルチョン(梅シロップ)という韓国の調味料を作りました。

 グラニュー糖と梅を同量で漬けるとっても簡単な調味料です。韓国の肉料理・魚料理にはよく使われる調味料で、肉・魚の臭みを消したり、消化を助ける作用があるので、お砂糖の代わりに使う方もいるそうです。我が家でもカルビの煮込みや、鶏肉の煮物、魚の煮付けにはよく使います。

 今家で使ってるいるメシルチョンは、田舎で作ったものを分けていただいたのですが、今年は作ってみました。というのも、あともう少しすると、ウォンの田舎はなくなり都市開発に入ります。何年後かにはアパート郡ができるそうです。

 田舎で作ったお米や、農作物、お味噌やおしょうゆを分けてもらっていたのですが、これからは市販のものを買うなり、自分で揃えるしかありません。今まで本当に恵まれいたんだなーとつくづく思います。ウォンの田舎がなくなってしまうのも悲しい・・。本当にのどかで、良い所だったので残念でたまりません。

 今まで田舎の親戚に頼っていた分、自分たちでなんとかしていかないといけないので大変だなーと思う反面、自分でこういう調味料を作ったり、キムチを漬けたりする、いいきっかけになったと思います。いつまでも頼ってばかりではいられませんものね。

 メシルチョンは100日目に梅を取って、寝かさないといけないそうです。100日を過ぎると、梅の種から毒素・えぐみ?!(←料理の先生の言葉をちゃんと聞き取れていません)が出て、メシルチョンが駄目になってしまうそうです。

 できる日が待ち遠しいです^^
(ウォンは毎日このメシルチョンの変貌をカメラにおさえています・・本当にたまちゃんのお父さんみたい。子供ができたらどうなることやら・・)
[PR]
by tejisekki | 2009-06-06 23:33 | COOKING | Comments(4)
5月のナムルたち
c0153134_20163853.jpg

 食べ物にそんなに関心のないウォンが、珍しくリクエストした「두릅」という野菜・・。辞書で調べればいいのに、まあ探せるだろうとそのままスーパーに行ってしまいました。春のナムルの一種ということは聞いていたので、ナムルコーナーに行けばあるだろうと思っていたのですが、何回もぐるぐる回ってもみつけられず、結局お店の人に聞きました。で、現物をみると「たらの芽」でした。なーーんだたらの芽かぁ(笑)。1パック150円ほどで売られていました。
c0153134_20165534.jpg

 ウォンの言うとおり、湯がいて、チョコチュジャン(コチュジャン・砂糖・お酢を1:1:1で混ぜた酸っぱめなソース)をつけて食べてみましたが、たらの芽の苦味とソースの酸味が全然あわない・・「おいしくないやん!!」と半分だけ食べて、半分は結局ゴマあえにしました。ウォンもゴマの方がおいしいそうです。リクエストしたくせにー。

c0153134_2017103.jpg

 そして、これは私が興味本位で買った「비름(ピルム)」という野菜。ヒユという植物だそうです。ヒユという植物も知りませんでした。アジアに全般的に生息する野菜で、中国と韓国では食用として育てられていて、日本では食用のものはほとんどないみたいです。

 今がシーズンなのか約400gの束が、500ウォン(40円くらい?)。これは買うしかないと、調理法も知らずにまた買ってしまいました^^;;
c0153134_2017245.jpg

 コチュジャン・しょうゆ等で味付けして食べました。チャムナムル・チュイナムルのように独特な香りはなく、あっさりとしたお味の野菜でした。韓国のサイトを見て知ったのですが、このピルムという野菜は肌の炎症に効果がある野菜らしく、たくさん食べると肌がきれいになると言われているそうです。化粧品だけでなく、内側からの栄養も必要ですよね。これからはたくさん食べようっと。

c0153134_20173671.jpg

 今晩はこのままだととても質素な食卓になりそうだなーと思い、豚のカルビの煮物にとりかかりました。普通メインありきの、副菜ですよね・・ハハ。「安い」とか「旬」という言葉にどうしても弱くて、仕方ないですね^^;;
[PR]
by tejisekki | 2009-06-01 20:41 | COOKING | Comments(0)
誕生日はワカメスープ
c0153134_12545568.jpg

 韓国で誕生日を祝う時にワカメスープは欠かせません。
普段は何も家事をしないウォンも、私の誕生日にはインスタントのワカメスープを作ってくれたし、ウォンの誕生日の翌日に義理姉から電話が来て、「ウォンの誕生日、ワカメスープちゃんと食べさせた?」とチェックの電話が入るほどです。省略しなくてよかったー。

 韓国ではスープ用の肉が塊で売られています。ヤンジモリという牛の胸部の肉と、サテという牛のひざの後ろのひかがみについている肉の2種類がスープに使われるそうです。ヤンジモリはスジと脂身が入っていて適度な固さがあり、サテはヤンジよりも柔らかく脂身が少ないのが特徴だそうです。私はヤンジモリの方が好みでユッケジャンやワカメスープにはこちらを入れます。(料理の先生は半量ずつ入れるとおっしゃられてました。)

 塊り肉を煮ていると、私って料理しているなーという気になりますね。でも韓国ではそれが普通なんですが・・^^;;
c0153134_1255694.jpg

 そしてメインはピビンパにしました。付き合い始めた当初から、韓国の食堂で一緒にご飯を食べる時はほとんどピビンパを食べていたんです。だからてっきりウォンはピビンパが好きなんだーと思ってたんですが、ウォンは熱いものと辛いものが苦手な珍しいタイプの韓国人で、ぐつぐつ煮られたチゲや辛いおかずを避けてただけだそうです。
 
 ピビンパと言えば、全州(チョンジュ)地方・・一度は本場のピビンパを食べてみたいです。
[PR]
by tejisekki | 2009-05-19 13:15 | COOKING | Comments(4)
ししとうに裏切られる
c0153134_1813641.jpg

 これは日本でもよく食べられる「ししとう」(写真は韓国のnaverより)。韓国でも「ししとう」は「クワリコチュ」という名前で売られていて、料理にもよく使われます。青い唐辛子(プッコチュ)や赤唐辛子は辛そうで、飾りとしてしかあまり使わないんですが、このししとうは日本でもよく食べる親しみがある野菜なので、よく使います。
c0153134_181119100.jpg

 値段が安くなってきたのでししとうを2袋買って、野菜の牛肉巻きとししとうとじゃこの炒め物を作りました。ししとうとじゃこの炒め物は韓国でも定番のおかずで、私もおかずに迷った時はこれをよく作ります。
c0153134_18112682.jpg

 ただ、このししとう、8割の確率で辛い。ただの辛さではなくて激辛。日本でも1袋に1個くらい激辛のししとうが入っていますよね。今回のは8割・・韓国人のウォンも辛さに涙を流していました^^;;ごめんー。結局、牛肉巻きからはししとうを抜いて、炒め物はじゃこだけ食べました。もったいない(涙)。でも食べられたものではありません。

 義理姉に聞いてみると、韓国ではししとうは元々辛いものと思われているくらい辛いのが当たる確立が高いみたいです。結局余った1袋も食べられずに処分。農家のみなさんごめんなさい。それにしても辛すぎる。これからはししとう料理はピーマンで代用することを心に誓いました。みなさんも食堂などで出る、ししとうにはご用心ください!
[PR]
by tejisekki | 2009-05-12 18:38 | COOKING | Comments(0)
キムパプ(韓国式海苔巻き)
c0153134_22192530.jpg

キムパプ(韓国式海苔巻き)は語学留学時代に本当によく食べました。当時は普通の海苔巻きが1本1000ウォン(約80円)で、貧乏留学生には嬉しい価格な上に、朝早くからお店が開いているので授業前の朝ごはんにぴったりだったんです!なのでキムパプを食べると、その時の頃を思い出します。結婚してこっちに住むようになってからは、あまり買って食べなくなりましたが、時々無性に食べたくなる時があります。
c0153134_22194562.jpg

日本ののりまきと似ているのですが、ご飯が酢飯ではなくごま油と塩で味付けすること、そして入っている具材がちょっと違います。左上から、ニンジンのナムル、ほうれん草のナムル、ごぼうを砂糖としょうゆで煮付けたもの、たくあん、ハム、エゴマの葉、たまごです。ごぼうとたくあんとハムはキムパプ専用で長さも、海苔のサイズに合わせてカットされて売られています。ナムルと卵だけ作って、他の材料は準備しておけばいいので、お手軽ですよね。

これにプラス細かく切ったキムチをのせて巻きました。自分で巻いて食べるといっそうおいしく感じます。材料は1000ウォンのキムパプとほとんど変わりないのに(笑)キムパプ屋さんのおばさんたちは海苔巻きの「まきす」を使わずに素手でどんどん巻いていかれるんですが、さすがに素人には無理!日本から100均の「まきす」を持参しました。

ちなみに、最近このキムパプも物価上昇の影響で多くの店が300~800ウォン値上げしました。1000ウォンだから買って食べるけど、高くなるんだったら買わないという人が多いみたいで、最近ちょっと人気がなくなってるそうです。私は日本の甘い海苔巻きより、キムパプの方が好きなんだけどな・・・(最近舌が韓国人化しています^^;;)
[PR]
by tejisekki | 2009-05-09 22:32 | COOKING | Comments(2)
ピザで誕生日パーティー
c0153134_17284626.jpg

5月5日こどもの日は、ウォンの誕生日でした。ウォンの誕生日は旧暦で登録されているため、誕生日も毎年変わって覚えるのが大変です。(毎年覚える気がなくて、「いつ?」と聞いてしまうダメ嫁・・)

誕生日くらいはリクエストを聞いてあげようと、この日の昼食はピザになりました。本当にピザが好きみたいです。「また食べたいおかずある?」と聞いても「ピザ!!」と答えるくらいです^^;;

昨日の日記でも書きましたが、最近黄砂がひどくて、体調があまりよくないので、ピザ生地はウォンにこねてもらいました。横で見張っていたのですが、男は得だと思います。力が強いし、手の面積が広いからすぐにこねあがるんですよね・・何気にショック。ソースはパスタソースの残りを煮詰めて、トッピングし、オーブンへ。
c0153134_17285633.jpg

なかなかきれいに焼けました。本当はピザ本来の丸い形に作りたいんですけど、オーブンの天板が長方形なので断念。

c0153134_1729656.jpg

二人でピザ一枚完食!!いつもは残るんですけど、今回はいつもよりうまく焼けたせいかウォンが欲張っていっぱい食べてました。食べ過ぎて苦しいと言いながら、片道1時間半の散歩へ出かけました。

食べるものだけ、特別で他にはなにもしてあげられなかったけど、7年の付き合いで初めて一緒に過ごす誕生日はこんなもんでした。最初から飛ばしすぎても・・ね?
[PR]
by tejisekki | 2009-05-07 17:41 | COOKING | Comments(0)