韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
**eastwind-3..
by tejisekki at 11:49
おめでとうございます! ..
by eastwind-335 at 07:03
**マチルダさん** ..
by tejisekki at 09:30
日本昔ばなし101、私も..
by マチルダ at 11:43
**eastwindさん..
by tejisekki at 21:49
検索
タグ
(433)
(283)
(172)
(163)
(125)
(121)
(102)
(60)
(46)
(40)
(38)
(32)
(27)
(26)
(23)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:COOKING( 347 )
お粥
ちょっとお休みしていた、夕方の授業が10月からまた再開しました。
週2回、帰宅が9時になるんですが、それからお夕飯にすると
次の日の朝、胃の調子が悪くって、とっても苦労しています。
アンサンに住んでいたときは、ウォンの帰りがそれくらいだったから
いつもその時間に食べていたのにな・・^^;;

そんなツライ日の朝食は、胃にやさしいお粥で・・


カボチャのお粥
c0153134_10231598.jpg
韓国であずきや、カボチャがお粥になってるのを見てびっくりしました。
お粥というと、白粥もしくはちょっと塩気がある味だと思っていましたから。

でもこのカボチャのお粥は、デザート感覚で食べられるお粥です。
普通はヌルグンホバクという、巨大カボチャを使うそうなんですが、
これは、日本でも食べるかぼちゃのお粥です。
蒸したカボチャに、牛乳・生クリーム・はちみつ・練乳を入れてミキサーにかけ
冷たくしていただくお粥です。


そして、これはご飯を作る元気もないときに、外食して食べた野菜粥
c0153134_10202259.jpg
韓国版「花より男子」で、ちょっとブーム?になった
「ボンチュク」というお店のお粥です。
しっかり味がついたお粥なんですが、何で味付けされてるのかな?
韓国レシピ本には、野菜粥は塩でのみ味付けすると書かれていたんですが
お肉でスープをとったようなお味で、おいしいです。


おまけ・・
その野菜粥を真似して作った野菜粥
c0153134_1021219.jpg
ウェイパーで鶏がらスープを作って、ご飯と野菜を入れて炊きました。
でもやっぱりなんか違うな・・。
韓国のお粥がどう作られているのかご存知の方教えてください!!


以下は愚痴なので、さらっと流してください。

心のかさかさ(愚痴話です)
[PR]
by tejisekki | 2009-10-21 10:23 | COOKING | Comments(6)
夏の思い出
韓国では少しずつ紅葉が始まっています。
ソウルはまだよくわかりませんが、仕事場のキョンギドでは少しずつ紅く染まってきていて
もう少ししたら見頃を迎えそうです。

そんな秋なのに、食べたくなるのは夏の野菜・・
私は色の綺麗な野菜、味が濃いー野菜が好きなので夏野菜が大好きなんです。
少しずつ夏野菜の値段が上がってきてますが、まだまだ食べますよ!



大好きな葉もの野菜、ケンニプ(ゴマの葉)
c0153134_23162355.jpg
サンチュや、ケンニプのような葉物はハウス栽培で年中出ていますが、
初夏が旬のようです。


ケンニプキムチ
c0153134_23163119.jpg
他のキムチとは比べ物にならないくらい簡単で、おいしい!
最近白菜がどうだ、大根がどうだと言っていますが、
実は私が一番好きなキムチはこれです。
これ一つでご飯が進む進む*^^*



そして韓国に来て、大好きになったのがホバク(韓国のカボチャ)。
c0153134_13205674.jpg
日本でカボチャといえば中がオレンジでほくほくしている甘いカボチャですが、
韓国でカボチャと言えばこれ。
ズッキーニに似ていますが、水分が少なくて、ほんのり甘いです。


c0153134_13221780.jpg
田舎で丸々して立派なホバクを頂いて来たので、
ソテーしてトマトソースに添えました。甘くておいしい!
この真ん丸いカボチャは炒め物にしてよく食べるみたいです。
(細長いのは和えたり、チゲに入れたりしますよね!)
トマトソースはオットゥギの瓶詰めです。
洋食が上手く作れるようになりたい・・・・・・・



最後は、なすび!!
なすびは秋が旬なのか・・夏が旬なのか・・
よくわかりませんが、年中通して食べたくなる野菜です。

カジポックム
c0153134_13185196.jpg
スッカラという雑誌に載っていたレシピをちょっと改良して、
コチュジャン・砂糖・しょうゆ・お酢・にんにくで炒めます。



***
11月に帰国することになりました。
お仕事の関係で1週間だけお休みをもらい、帰ります。
最近、心がカサカサすることがちょこっとあったので
気分を変える意味でも、この時期でよかったなーと思っています。
いっぱいおいしい日本食やパンを食べて、
かわいい雑貨を見物して
大切な家族・友達・先輩に会ってきます。
今からわくわくです*^^*
[PR]
by tejisekki | 2009-10-19 13:22 | COOKING | Comments(8)
キムチ修行・3
今回は日本ではあまりお目にかかれない種類の大根を使ったキムチです。

チョンガクキムチ
c0153134_16405099.jpg
c0153134_16443481.jpg

これはウォンがキムチの中でいちばん好きだそうです。
キムチに使われているチョンガク大根は、普通の大根の4分の1、5分の1の大きさで
根っこの部分がやや太めなものを指すそうです。
(今回買ったのは、普通の大根みたいな形でした^^;;)


c0153134_1640887.jpg
白菜よりも、ちょっと面倒なのが皮むき。
正確に言うと、「むく」と言うよりは、「こそぎ落とす」が正しいです。
ごぼうの皮をこそぎ落とすように、大根の皮を除去します。
皮自体は薄いので、むきにくいことはないんですが、何しろ量が・・^^;;


大根選びのポイント(ウォン説)
・大根の葉が元気なもの
  これは大根を買うときも基本ですよね!

・大根自体が大きすぎるものは×。
  味がしみこみにくいし、食べにくいため。
  大きいものは半分に切ったり、4等分にしたりするが、
  そうすると独特の歯ごたえがなくなる。

・根っこの部分だけが急に太くなってるものは×
  経験上、このような大根は大根自体が辛くて、熟成しても大根の辛味が消えにくい。

以上だそうです。

私は今回、2番目がアウトでした。
一口では噛み切れないくらいの大きさだったので、
熟成までに1週間半くらいかかりました^^;;
(レシピ本、ネットなどでは2,3日と書かれています)
9月末に漬けたんですが、今が食べごろです。

でも、収穫はありました。
今回から、セウヂョッ(網の塩辛)を変えてみたんです。
c0153134_16402880.jpg
以前はマートで買ったものなんですが、より安心なものをということで
有機ショップで、塩とえびだけで漬けた塩辛です。
マート価格の2.5倍。ひょえー。
でも確かに、そのまま味見しても塩辛さはもちろんあるけど
刺激はなかったような・・・違いは本当にあるのかな??
半信半疑ですが、当分これで漬けて様子をみようと思います。

キムチメモ(自分用)
[PR]
by tejisekki | 2009-10-12 12:31 | COOKING | Comments(8)
キムチ修行・2、そして唐辛子中間報告
1週間前に漬けたマクキムチ完成しました!
c0153134_1085795.jpg

漬けて1週間くらいが、しっかり熟成され酸味もきつくなくて一番おいしいかも。

今回は自分で言うのも気が引けますが、本当においしい!これは人様に出しても恥ずかしくないキムチだと思います。(4、5回目にしてやっと・・^^;;)ウォンも褒めてくれたし、よく食べてくれるので減りが早い早い。

ちょーっとコツが摑めたような気がします。

一番大事なことは、やっぱり塩漬け加減。
  指で硬い部分を押したときにぐにっと曲がって、折れない感じ(パキッは浅すぎということ前回に学びま
た・・)。そして洗って食べたときに中までほんのり塩味がするぐらいがベストだと思います。そして漬けすぎも×です。キムチの味が塩辛くなるだけでなく、シャキシャキ感がなくて元気がないキムチになってしまいます(これも前回学習)。

二番目は、塩漬けした白菜の水のきり方。
  料理教室では「大き目のざるにあげて、しっかり水をきりましょう!」と習ったのですが、ざるにあげただけだと、ヤンニョムした後にも水分がでてきてキムチの赤さがなくなってしまいました。なので今回は、ぎゅぎゅっと絞ってヤンニョムしました。そうすると、キムチのヤンニョムのどろどろ感がちゃんと残ったし、赤さもちゃんと出ました。


今回漬けたキムチが半分以上なくなったので、次回も同じように漬けれるように修行続きます。




***
そして、干している唐辛子の中間報告。

干して3日ほどで唐辛子にしわがでてきます。この頃から2日に1度はキッチンペーパーで拭いてあげるようにします。(こうすると、唐辛子に照りがでて美しい色の粉ができるそうです)
c0153134_1011748.jpg
               ↓

さらに1週間ほど干すと、早いものは中が透けてみえるようになりました。唐辛子を振ってみると種がしゃかしゃか鳴ります。
c0153134_10125258.jpg
              ↓

そしてさらに2日置くと、唐辛子全体が透けて、硬くなります。そうなったらはさみで二等分。
c0153134_1063256.jpg
                      ↓

二等分したものをまた干して完全に乾いたらできあがりー。唐辛子の粉になるまであともうちょっと!
c0153134_1063989.jpg



しかし・・なんてマニアックなブログなんでしょう・・・

キムチメモ(自分用)
[PR]
by tejisekki | 2009-09-24 10:24 | COOKING | Comments(6)
最近の新作おかず
新作おかずと言っても、私の新作じゃなくて、新しく料理本を見て作ってみたおかずたちです。

牛肉のチャプチェ
c0153134_12531077.jpg
チャプチェは必ずタンミョンというさつまいもが原料の麺が入るものだと思っていたんですけど、もともとは「小さく刻んだ野菜や肉を混ぜて炒める料理」だそうです。麺が入らなくてもいいんですね・・^^;;本にはコンナムルチャプチェとか、ピーマンチャプチェとか、ごぼうチャプチェなど色々な種類の料理が出ていたけど、味付けの基本はやはりしょうゆと砂糖とにんにく、ごま油でした。



おばあちゃんレシピ☆カジムッチム(なすの和え物)
c0153134_12532722.jpg
これは主人のおばあちゃんに教えてもらった方法で和えてみました。一味、しょうゆ、砂糖、にんにく、エゴマ油、お塩、ごまを入れてヤンニョムを作ります。砂糖を少し入れるのがポイントだそうです。同じ料理でも家によって味付けがかわるから不思議です。田舎では砂糖が入らず、しょうゆと煮干のエクチョ(塩辛)を入れて和えてました。



ジャガイモ辛っ!炒め
c0153134_12535934.jpg
これはウォンにヒットだった。じゃがいもの炒め物。よく食堂なんかで出てくるのは、油と塩で炒めたものでですが、これは唐辛子の粉が結構入るのでピリカラです。



最近時間に余裕が少しできたので、また本を見ながら料理を作ってます。
c0153134_7103758.jpg
それに!私の好きだった「Cookand」という雑誌が2月ごろに休刊になって、残念に思っていたんですが復刊しました。1冊にたくさんのレシピが出ているし、レシピを見て作ったものが結構おいしかったんです^^他にも料理雑誌は何冊かあるんですが、レシピが少なかったり、専門的すぎたりで、「Cookand」のほかにほしいなーと思う雑誌はなかったんです。またこれから毎月楽しみになります*^^*

雑誌だけじゃなくて、本も読みたいけど本当に日本書籍高いです・・日本で売られている価格が表示されているだけにその1.5倍も2倍もする価格に手がでません・・・。韓国語に翻訳されている小説だと、日本の価格と同じくらいで買えるんですが、早く先に進みたいのに読めるスピードが遅いのでイライラするのでなかなか手をつけられずにいます^^;;
[PR]
by tejisekki | 2009-09-17 12:56 | COOKING | Comments(5)
秋の天ぷらと、スイートポテトパン
もう秋がやってきましたねー。昨日今日と長袖のシャツを羽織っています。

先日マートに行くと、掘り立てのレンコンがたくさん出ていました。サツマイモもすごく安くなってます。ということで、ティギム(天ぷら)を揚げることにしました。
c0153134_17305553.jpg

韓国のティギムはプンシクチプ(街のトッポッキ屋さん)や屋台で売られているもの、家で作るものも衣が厚めです。それに揚げる油の量も、フライパンに1cm弱ぐらいの油で揚げます。私も韓国式で、天ぷら粉を買って揚げました。



天ぷらを食べても、まだまだたくさん余っているサツマイモでパンです。

スイートポテトパン
c0153134_17212240.jpg

生地の配合をいじって、サツマイモ食パンよりも柔らかい生地にし、お砂糖・はちみつ控えめで作りました。サツマイモシートに生クリームを少し入れたらもっとスイートポテト感が出るかな?次の課題にします。
c0153134_1723018.jpg

今回は折り込み生地もまぁまぁうまいこと層が出たかな?

秋の味覚、これからも楽しみです♪

急遽、夏休み
[PR]
by tejisekki | 2009-08-27 08:48 | COOKING | Comments(0)
たまには、洋食
我が家は基本韓国料理です。

週に1、2回は洋食、中華、和食のうちのどれかが出ますが、こってりしたものとか、甘みが強いもの、味が薄いものを出すと、ウォンは気兼ねなしに、キムチとからめて食べちゃいます^^;;だから韓国料理以外は避けてしまうんです・・



でも、たまにはパスタ。
c0153134_16173061.jpg

オットゥギという韓国の大手食品メーカーが出している、パスタソースを使ってみました。ソースだけ味見するとちょっと濃いめだったので、玉ねぎと豚ミンチを入れて気持ち味を薄めてみました。でもちょっと濃かったかな?いつもトマトソースを作るときは、まずパスタ用にソースを作って、残りを煮詰めてピザソースに使うという感じですが、このソースは煮詰めたあとの濃さでした。


そして、これは洋食になるのかな?
ピーマンの肉詰め。
c0153134_1618641.jpg




栗原さんのワインがはいるソースで頂きました。韓国のピーマンは一個一個が迫力の大きさなので、肉詰めしてもボリュームが!!日本のピーマンより肉厚があるし、苦味も全然ないので、ピーマン嫌いの子供ちゃんでも韓国のピーマンは食べれると思います。

おまけ
[PR]
by tejisekki | 2009-08-24 16:11 | COOKING | Comments(1)
毎日ほぼお肉
先日がお魚だったので、今日はほぼ毎日食べるお肉料理。


豚肉料理「チュムルロク」
c0153134_17214122.jpg

これはにんじんがたくさん余っているときによく作る炒め物です。サムギョプサル(豚ばら肉)とにんじん、たまねぎを切って、ヤンニョムを作って漬けておけば、炒めてすぐに出せる一品料理で急なお客さんの時(特にお酒を飲む方)にも役立つ一品です。

チュムルロクって響きがロック?な感じでお店の看板で見かけたときから何だろう?って思ってたんですけど、要するに「揉みこむ」ということらしいです。ヤンニョムにつけて揉みこむということなのかな?

お肉料理ですが、にんじんの千切りがたくさん入るし、ここはやっぱり韓国、サンチュやレタスにくるんで食べるので豚肉の脂っこさも気になりません。




牛肉料理「チャンチョリム」
c0153134_17131790.jpg

これは韓国の代表的なミッパンチャン(常備菜)ですね。ウォンも1ヶ月に1回は作ってくれとねだるおかずです。血抜き、下茹で、そして煮汁がなくなるまで煮込むので出来上がるまでに結構時間がかかりますが、割と簡単にできるおかずです。

煮汁にしょうがを多めに入れるし、肉自体も「サテ」という脂身がほとんどない部位を使うのでさっぱりしています。少し前に作って、すべて食べちゃったんですが、また食べたくなりました*^^*

おまけ
[PR]
by tejisekki | 2009-08-20 17:37 | COOKING | Comments(2)
韓国風きのこスープ
台風が来ていますね。
とりあえず、実家は大丈夫だったみたいですが、沖縄のほうは直撃したとか・・こちらは今日少し雨が降った程度で、ほとんど影響がないみたいです。でもやはり水災害は恐いです・・韓国は大雨のあと、浸水したり、道路がふさがったり、今年も水災害が多いです。やはり天気がおかしくなっていってるのかな。

さて、先日のスープです。きのこと牛肉のスープ。
c0153134_1782086.jpg


一見、赤くて辛そうに見えますが、そんなに辛くなく、牛肉のスープですが、大根も入っているのでスープ自体があっさりしています。(韓国語の表現でいえば、「シウォナダ」にぴったり!)

韓国では汁物がないと、ごはんが進まないって言ってる人が結構多いです。チプトゥリ(引越し後のご招待)で、スープを出さなくて、「韓国人はスープが必須よぉ。」と義理姉たちにちくりと刺されました^^;;
でもスープのレパートリーがなかなか増えなくて・・・スープ・チゲの料理本でも買おうかな。



そしてこちらが市場でかったノガクを使った和え物です。
c0153134_1775520.jpg


ノガクは太いキュウリの皮をむいて割かれたものです。ちょっと塩漬けもされてるのかな?市場で、商売をしながら、おばさんが一生懸命きゅうりの皮をむいて、袋詰めしてらっしゃいました。


ちょっぴりのコチュジャンと、お酢、お砂糖、ごまで和えてます。さっぱり系の和え物の定番ヤンニョムですね。しゃきしゃきしていて、夏にぴったりのおかずです。
[PR]
by tejisekki | 2009-08-07 17:18 | COOKING | Comments(0)
海鮮スンドゥブチゲ
8月に入って韓国も暑くなってきました。と言っても、朝晩涼しいので過ごしやすいですが、やはりお昼間は30度を越えてます。日本はもっと暑いだろうけど・・^^;;

暑さは辛さでしのぐ!!
日本でも夏になるとカレーフェアーをしたりしますが、韓国の人たちもやっぱり暑い時に熱いもの、辛いものを食べて汗を流します。

そこで、辛いチゲといえばスンドゥブチゲ。
c0153134_18551587.jpg



このチゲの赤さはコチュキルムという唐辛子の粉を油で炒めて、つくるラー油のような油を使います。うちでは作り置きしてるんですけど、夏場にこれを作ると辛いにおいと煙でむせます^^;;

今までは、彼の田舎で栽培された赤唐辛子を乾燥させ挽いたものを譲ってもらってたのですが、それも去年までの話。来年分から、どこで仕入れるか悩んでます。市場で売ってるものは、赤さを出すために染料を使っていたり、中国産を国産と偽ったりしていると聞いたので、どうしたものか・・

引越してきたこの家も南向きで日光が入ってくるし風通しも割りといいので、家で唐辛子を乾燥させたらいいやん!と思いましたが、屋内では乾燥できないそうです。(唐辛子から辛くて体に悪いガスが発生するため)やっぱりお庭がある家に住みたいなーなんて引越し早々、高望みしてしまいました^^;;
[PR]
by tejisekki | 2009-08-04 10:14 | COOKING | Comments(4)