韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
** eastwindさ..
by tejisekki at 13:33
おはようございます。 ..
by eastwind-335 at 06:13
**カステラさん** ..
by tejisekki at 22:34
初めましてこんにちは! ..
by kasutera0141 at 22:45
**eastwindさん..
by tejisekki at 23:06
検索
タグ
(413)
(277)
(169)
(161)
(119)
(116)
(100)
(56)
(45)
(38)
(36)
(31)
(27)
(24)
(23)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
忠清道 百済の旅② 礼山(イェサン)
次は、民族村から車で30分くらいのところにある
「쌍송국수(サンソンククス)」というククス屋さんへ。
c0153134_19565017.jpg

ここで生地をうって、麺をつくり、乾燥させている手作りのククス屋さんです。
今回の旅のお土産にと、わくわくしていたんですが、閉まっていました(涙)
60年続いているお店で、期待大だったんですが・・・
もし、忠清道を旅される方がいらっしゃったら
こちらのHPをご参考になさってください。



そして、1日目最後の目的地。「추사고택(秋史旧宅)」へ。
ここは李氏朝鮮時代後期に活躍した「金正喜」さんという書家さんの旧宅です。
c0153134_19543395.jpg

c0153134_19555011.jpg
が、ここも閉館。うう・・今回の旅はついていないのか・・
中に入れなくても裏手からお屋敷がちょっと覗けました。

c0153134_19514715.jpg
お家の裏手が森林浴コースになっていて、30分くらいお散歩できるんです。
金正喜さんが見た風景と、私達が見た風景は同じなのかな・・

c0153134_1948257.jpg

韓国のこんな歴史とモダンが融合したアート大好きです。

緑に癒されて、心軽やかに1日の日程を終えました。


やっぱり一日の締めくくりは美味しいご飯でしょう!ということで
私達が泊まったペンションの裏でやってる燻製サムギョプサルのお店へ。
c0153134_19524165.jpg

一度燻製焼きされてるので、油が落ちていて
こんなたくさんの量もウォンとぺろりと完食。
c0153134_19535042.jpg

やっぱり私の旅の醍醐味は「食」です^^
[PR]
by tejisekki | 2010-05-29 09:25 | TRAVEL | Comments(2)
忠清道 百済の旅① 外岩民族村(ウェアム民族マウル)
先週の3連休、1泊2日の旅にウォンと出かけました。
私が土曜日に授業があるので、なかなか旅行に行けずにいたんですが
今回は久々の3連休(韓国のカレンダーは連休がほとんどありません 涙)
これは出かけるしかありません。

最初は新茶を求めて、お茶畑で有名なポソンに出かけるつもりだったんですが
考えることはみんな同じで、KTXのチケットが完売・・
ホテルも取れない・・で、ポソンは諦めて忠清道を旅することに。

ウォンのお姉さんが、忠清道の「牙山(アサン)」に住んでいて訪れたことはあるんですが
旅行としてはこれが初めてです。


まず一日目は、牙山の外岩民族村(ウェアム民族マウル)へ。
c0153134_9424517.jpg
2号線「新道林(シンドリム)」の駅に大きく広告されていて
広告を見るたびに、行ってみたいなーと思っていた場所です。
500年前からある農村で、家屋と共に、多くの農機具も保存され
重要民族財として登録されているそうです。
韓国版・白川郷みたいな感じでは?と期待を寄せていました。

c0153134_935697.jpg
c0153134_9262716.jpg
展示されている家は、意外と少ししかなかったんですが
韓国の昔の暮らしぶりがうかがえました。
日本と似ているようで、家の作り方もちょっと違うし
家財道具も違いますよね。

c0153134_9275912.jpg
何よりびっくりしたのが、ここに置いてある農機具をウォンがほとんど知っていたことです。
「実際に使ったことがある。家にあった。」っていうのもたくさんありました。
↑の脱穀機も、ウォンがおばあさんと一緒に豆やお米を脱穀するのに実際に使ったそうです。
ガイドさんのように色々説明してくれました。

c0153134_9411676.jpg
昔のアイロンをデモしているお婆さんも^^
体験もさせてくれるそうです。


c0153134_9362532.jpg
村の奥に入るにつれ、今も住まれているお家が。
とても穏やかな雰囲気で、田んぼのにおいがぷーんとしてくる静かな村でした。


c0153134_9305847.jpg
入居者募集中のお家も^^

c0153134_9333159.jpg
色々見てまわれて、私は楽しかったんですが
ウォンは育った田舎の風景と似ていて、あまり面白くなかったかな・・^^;;
私は将来こういうお家(一軒屋)に住みたいなーと思うんですが
田舎の不便さと、都会の便利さを知っているウォンは、もう嫌なんですって。
でも私はやっぱり「いつかは・・・」と憧れます♪
[PR]
by tejisekki | 2010-05-28 16:33 | TRAVEL | Comments(3)
手を出してしまいました・・
先週末、毎月恒例になったモカさんのお家訪問をしてきました。
いつ行っても、↓写真のようなおいしいお料理とデザートで迎えてくれる、モカさん。
そして最近テジおばちゃんに慣れて、笑顔で出迎えてくれる王子君。
私にとって楽しい「恒例行事」です^^
c0153134_2243060.jpg

でも今回はパンの会ではなく、私のお願いを聞いてもらって
「お裁縫の会」にさせてもらいました。
いつもモカさんの手作りのコースターやランチョンマットなどなどを見ているうちに
お裁縫欲が・・^^;;

家庭科の時間が本当に嫌いで、
料理を作るのには抵抗がなかったんですが、
カロリー計算とか栄養素とか覚えるの嫌いだったし
お裁縫は全然ダメ・・提出課題はほとんど母に手伝ってもらってたような
ダメな女子でした(恥)

でも、やっぱり食器を作るのと同じで
自分の好みの色や柄のキッチン雑貨がほしいんですよね。
苦手分野だし、他にも色々立て込んでいるので
本当にゆーっくりなペースで始めてみることに。


で、まずは材料集めから。
韓国でも日本からの輸入生地が簡単に手に入ります。

サイトはこちら→ Simple sewing 
そしてこちらはメイドイン韓国の生地屋さん→in-fabric

今回はたくさん揃えるものがあったので、価格がお手ごろな下の方のサイトで購入しました。

c0153134_22113970.jpg
ボタンとリボンとリネン生地(小)がおまけで入ってました。
「ネットで買うと布の色や質感が・・」と心配しておりましたが
イメージどおりで、とても気に入りました^^

さ、道具と材料はそろったし、ぼちぼち始めましょうか・・
[PR]
by tejisekki | 2010-05-26 21:30 | KOREA | Comments(6)
豆ブーム
最近、ウォンの帰りが遅くなり、夕飯も会社で食べてくる日がほとんどなので
パンや常備菜以外はあまり作っていません。

お菓子を作ったり、ドンと出せるような料理を作らなくなってしまって
物足りないなーと感じています。
で、何か充実感を得られるようなものを作りたいなぁ・・と思っていたところ
行き着いたのが豆です。

以前の日記にも書いたんですが、甘納豆作りに最近はまっています。

どこかでちらっと見たレシピをうろ覚えのまま、自己流で作っているんですが、
これが甘納豆だけでもお茶うけになるし、パンに入れてもおいしい!!

ハイジの白パンに小豆の甘納豆
c0153134_2305772.jpg
パンには焼き目がついちゃったけど、味は大正解!
結構甘めに炊いたかな?と思っていたんですけど
パンに入れてみると、大丈夫ですね。
パン用には、豆が炊きあがったあと、少し砂糖をまぶして
乾燥させるのがいいのかもしれません。


そして、ドンクでのアルバイト時代に大好きだった
うぐいす豆が入ったフランスパン、「アリコベール」を再現してみました。
c0153134_234171.jpg
フランスパン粉をきらしていて、強力粉7:薄力粉3で作ったので
生地の食感はフランスパンではなかったんですが
とにかく、豆がおいしい♪


最後は豆つながりで、私の最近のお気に入り豆乳です。
c0153134_2394681.jpg
「리얼콩즙(リアル豆汁)」という名前が「ちょっと・・^^;;」な感じですが
とにかく、濃いんです!本当に豆汁!!
やっぱり少しお砂糖が入っているようで甘いんですが
お菓子やパンに使うのにはおすすめです。
しっかり豆の味がして、パンは生地もしっとりします。

この豆乳で、ブラマンジェを作ってみました。
c0153134_2365767.jpg

とにかく、濃厚です!!
次回はこれで、べーグル焼いてみるつもりです。


甘納豆もいいけど、次はおかずになる五目豆も作ってみたいなー。
当分私の豆ブーム続きそうです。


***
先週は「遊び」でとても忙しく過ごしました。
なんて幸せなんでしょう^^
でもその後にたまる家事や仕事が恐い・・

週末には旅行にも行って、夫婦でリフレッシュしてきました。
旅行記は、次回に・・

今日はこれからウォンの誕生日ケーキ製作に入ります。
あー、デコレーション嫌だーーー!!
[PR]
by tejisekki | 2010-05-24 18:19 | BREAD | Comments(8)
利川陶磁器フェスティバル
先週末、こじやんさんと一緒にお米がおいしい利川で開催される
陶磁器フェスティバルに行ってきました。

モカさんがブログで紹介されているのを見て行きたいなーとは思っていたんですけど
家には自分で作った食器がゴロゴロしてるし、
また増やすのもウォンの目が気になる・・・
とりあえず、作家さんの作品を見て勉強するつもりで行ってきました。


ソウルの高速バスターミナルからバスに乗ると、1時間ほどで利川市内に着きます。
そして利川市内からタクシーで5分ほど走ると、
フェスティバルが開催されている公園に着きます。

あまり他の催しには見向きもせずに、販売場へ!
会場は3つに別れていて、一つは壷や花器、茶器の会場、
他の二つは食器やアクセサリーなど日常使いしそうなものが集まった会場でした。
c0153134_19494412.jpg
c0153134_19492770.jpg
販売場のブースにあるからきっと売り物なんでしょうね・・
すごく大きな花器や、焼き物のアートまで。
陶磁器フェスティバルならではですね^^


何と言っても、私にとっての今回の収穫は
ハンミジョンさんが作ってらっしゃる토판の焼き物を直接手に取れたことです。
c0153134_19474780.jpg
韓国の料理雑誌のスタイリング特集に出ていて初めて「欲しい!!」
と思った器が토판のものでした。
その後、Cookandでハンミジョンさんのインタビューもちょこっと掲載されていたりして
ますます、興味を持っていたんですが
実際にお会いでき、そして作品を直接手にとれて感激でした。

토판だけではなく、素敵な作家さんの作品がたくさんありました。
何より、お若い方が意外に多くてびっくり!!
私の陶芸の先生がおっしゃるには、韓国では日本ほど焼き物に対して
興味を持っていないそうです。
確かに、韓国の家庭ではセットで売られている食器を使ったり、
コレルのような実用的な食器はよく目にするけど
焼き物を集めたりする人は珍しいかもしれません。
韓国でも焼き物がもっともっと普及して
日の目を見る若い作家さんがたくさんでてきてほしいなーと思いました。

そして色々な色の土や、油薬を見れたし、
本当に多様なデザインを見れてすごく勉強になったし
またむくむくとろくろに対する意欲が・・・^^


c0153134_1952544.jpg
右上が토판の焼き物。
左がこじやんさんと意気投合で買った若い作家さんの作品。
右下はポップな色に惹かれて、デザートやお茶用に買ったカップ。
勉強と言いながらも、ちょこちょこ買っちゃったな・・・^^;;
私達が行ったのが最終日だったので、まけてくれるお店も多かったです。
(その代わり、なくなってる商品が多いのも事実・・)
来年も絶対行きたいなー♪
次はプラス利川米も食べたい・・。


ついつい、長くなってしまいました・・
最後までお付き合いありがとうございます^^
[PR]
by tejisekki | 2010-05-18 19:54 | CERAMICS | Comments(14)
箸置き と 星皿
金曜日は一週間の中でいちばん忙しい日です。
朝から2コマ授業で、陶芸教室。
朝から肩に力が入りっぱなしで、今すごくこってます。
でも仕事も趣味も好きでやらせてもらってること。
しんどいーなんて言ってたらフルで働いている主婦の方に怒られちゃいますね^^;;

***

ろくろに入る前に作った作品です。

箸置き
c0153134_17264459.jpg
これはもうブログの写真にも出てきてたかもしれないんですが
たぶん、私が作ったものの中で一番よく使っているものです。
日本の実家では箸置きは全く使わなかったんですけど、
ある雑誌に載っていた大橋マキさんのコラムに
「箸置きを使うと、食べるスピードがゆっくりになる」って
ことが書かれていて、箸置きを今ちょっとずつ集めてるところなんです。
でも韓国のスジョ用の箸置きってなかなか単品では売ってないんですよね。
(スジョとセットで売られてることが多いみたいです)

箸置きは今まで作った中で、いちばん厄介だったかもしれません。
小さいのに、とても手がかかるし
大きな器はちょっと形がちがっても気にならないんですけど
小物はすぐにわかっちゃって・・
最後に作ったものがすぐわかるくらいに、ぼこぼこです^^;
c0153134_17384575.jpg

やっぱり箸置きがあるのと、ないのとでは違うなーと自己満足。
最近は、ご飯茶碗と、汁ものの茶碗以外は全て手作り品。
早く全部そろえてしまいたい>_<


星皿
c0153134_17533291.jpg
これは嫁に行ったお皿たちです。
いままで同じ形のものを多くても2、3枚しか作らなかったんですけど
5枚も作るとなんか、誇らしいし、余計に愛しく感じますね。
いい仕事してくるんだよー。


c0153134_17494727.jpg
↑は素焼きして、専用インクで点をうった後の写真です。
濃い色は焼く前こんなにも色が薄いのに・・
焼くとしっかり色がでるし
薄い色は、土の色に負けちゃうのか、あまり色が出ませんね。
絵付けの方も奥が深いんだなーと思いました。
私はセンスがないので、絵には手をだせませんけど・・^^;;
[PR]
by tejisekki | 2010-05-14 18:05 | CERAMICS | Comments(11)
久しぶりの白菜キムチ作り
12月に漬けたキムジャンキムチ(冬の時期に漬けるキムチ)も終盤を迎え、
残りの一株は、豚のカルビ肉と一緒に煮ようと思って温存しています。
6株って意外とすんなりなくなるもんですねー。

で、久しぶりにフレッシュなキムチが食べたいということで
春の「高い!」白菜を使ってキムチを漬けました。
c0153134_1214653.jpg
キムチキムチと言ってますが、今回漬けたのはコッチョリというキムチの浅漬けです。
まだ白菜のさくさく感が少しだけ残っている状態で塩漬けをストップして、薬味で和えます。
で、好みで食べる前に砂糖を入れたり、ゴマ油を入れたりして頂きます。

私、キムジャンキムチはいまいちだったんですけど、
コッチョリはちょっと自信が出てきました。
減り加減でミッパンチャンやキムチのおいしさってすぐわかるんですけど
このコッチョリは本当に早いです。
ウォンも辛い辛いと言いながらせっせと食べてくれる・・
嬉しいものです^^


c0153134_1219189.jpg
そして、最近気になってるのが「チャンアチ」という料理。
野菜を醤油と薬味に漬け込んで、長く保存して食べるための食べ物なんですが
先日、「なすびのチャンアチ」で初チャンアチ!!

田舎で食べるものは本当にお醤油の味が強くて、しょっぱいなーと思っていたんですが。
イモ(ウォンのおばさん)が作ってくださった「ケンニプ(エゴマの葉)のチャンアチ」
「にんにくのチャンアチ」がとてもおいしくて、挑戦してみました。

醤油、お砂糖、お酢、鷹の爪と、だしで漬け込むんですが
お酢が利いていて、とてもさっぱりしておいしい^^
だしが入るので普通のチャンアチほど日持ちはしないんですが、
その分、チャンアチよりしょっぱくありません。

ちょっとずつチャンアチも広げていきたいと思います。
[PR]
by tejisekki | 2010-05-11 12:06 | COOKING | Comments(4)
ヨモギあんぱんと、オボイナル(両親の日)
この季節に恒例になりつつある
ヨモギあんぱんを焼きました。
c0153134_22465487.jpg


今回はヨモギを茹でたあとの絞り方が悪かったのか
生地がゆるゆるで、すごく捏ねにくく、成形もイメージどおりにいかず・・
案の定、焼いてるあいだに餡子がはみ出てしまいました。
c0153134_22453577.jpg


でもでも、今回の餡子は本当においしく炊けて
みためは悪いけど、とてもおいしいあんぱんに仕上がりました。

これを焼いて、ヨモギの香りをかいで、
この季節、ヨモギを山で採集してきて、団子を作ってくれた日本のばあちゃんのことを思い出す・・
それが私の恒例行事になりつつあります。

ばあちゃんのヨモギ団子のように
これを食べると、あの時のことを思い出すとか
私の顔を思い出してもらえるような「我が家の定番」。
これからもどんどん増やしていきたいなーと思っています^^

***

c0153134_22524564.jpg
そして先週末の土曜日は韓国もオボイナル(両親の日)だったんですが
(*父の日はなくて、「両親」でまとまっています)
ウォンも私も仕事だったので、日曜日にお墓参りに行ってきました。

山の中にあるお墓から、公園墓地に移ったからこれからはよく来れるねーなんて言いながら
ソルラル(旧正月)以来訪れていない、ダメ夫婦です。

c0153134_225111100.jpg
一気に挽回しようと、この日はお手製キムパプ持参で
お墓前でピクニックです。
日本で考えたら罰当たりな感じがしますが、
日本の公園墓地とは違って、とても広々としているので、
お供え物をさげたあと、シートを敷いてそこで食べるということが多いようです。
前にパラソルやテントを立てて、宴会しているご家族もいました^^;;
うちは質素ですが、キムパプとお供えのみかんでミニピクニック♪

これからは本当にちょくちょく行きますよ、お義父さん、お義母さん!

キムパプ屋さん
[PR]
by tejisekki | 2010-05-10 21:21 | BREAD | Comments(11)
江華島(カンファド) 日帰り旅行②
江華島(カンファド)旅のつづきです。


普門寺(ポムンサ)から出て、島内をぐるっと1周ドライブをしました。
島は車で1周するのに20分もかからないくらいの小さな島です。
島の中側には畑、海側には塩田が広がり、とてものどか!!
そんなのんびりな風景ともお別れをして
私の今回の旅行目的である、フェ(おさしみ)を!!
ソンモドから到着するフェリー乗り場の近くの「ナルット」というお店でいただきました。
色々なブロガーさんが紹介していたお店なので期待でいっぱい^^


どれがおいしいかもわからず「モドゥムフェ(刺身の盛り合わせ)」を頼みました。
すると・・・
サービスのつきだしが、どーーーーーーん。
c0153134_23252664.jpg
写真には収まりきってないお寿司
ナクチ(手長たこ)の刺身、天ぷら、ミッパンチャンがあるくらいです^^;;


そしてメインのおさしみ(ヒラメとメバル)も、どどーーーーーん。
c0153134_2325463.jpg
やっぱり韓国のお刺身は一枚一枚が分厚くて食べ応えあり!!
サンチュで巻いて食べるのが本当においしいんですよねー。


さらにシメのメウンタンも、どーん!!
c0153134_23255921.jpg
あまり辛くないメウンタンで、友達も平気で食べてました。
味付けもあっさりで、おいしかったです。

サービスのおかずや、さしみにつけるお味噌もきちんと
お店で作ってらっしゃって、期待を裏切らないお味でした。

4人だから(中)のお刺身コースを頼んだんですけど、
やっぱり多くて、だいぶん残してしまいました(涙)
これだけ食べて8万ウォンは、本当にお得☆
ソウルじゃ考えられない値段だけど、日本じゃもっと考えられないですね^^;;

お腹いっぱいで、帰途へつきました。
友達も、お姉さんも楽しんでくれたようで何より。
そして、私達も大満足の週末でした^^


c0153134_23275314.jpg
江華島までソウル市内からバスが出ているんですが、
席毛島内のバスがちょっと不便なようです。
旅行者の方にはちょっと難しいかもしれませんが、
とてものんびりした韓国の田舎の風景を見ながら、散策できますし
日本とはまた一味ちがったお寺を見れるので
江華島と席毛島オススメです♪
[PR]
by tejisekki | 2010-05-07 17:10 | KOREA | Comments(4)
江華島(カンファド)日帰り旅行 ①
ゴールデンウィークを利用して、日本で勤めていた会社の同期が
ソウルに遊びに来てくれました。

韓国フリークの彼女は、お姉さんとよく遊びに来てくれていて
今度はソウル郊外を旅行しようと、前から約束していたんです。

それで、お姉さんのリクエストがあって江華島へ・・

まずは、道中・イルサンにあるウォンおすすめのククス(素麺みたいなもの)屋さんで腹ごしらえ。
c0153134_17312913.jpg
ここ、本当にすごいんです。私達が行ったのが10時前だったんですけど、
そんな中途半端な時間にほぼ満席^^;;
私だけ、チャンチククスという暖かいスープに入った麺を頼み、
あとのみんなは、ピビンククス↓を。
c0153134_17225584.jpg
とびきりおいしい!ってわけじゃないけど、箸がとまらない感じ。
量が多くてみんな食べきれずに残すんだけど、これで3000ウォンは安いですよね。

腹ごしらえもできたので、いざ江華島!!
江華島へは橋がかかっているので、そのまま島に入れます。
そして、最終目的地は江華島から少し離れた、席毛島(ソンモド)という島で
ソンモドにはカーフェリーで入ります。
c0153134_1715056.jpg
船にはカモメさんたちがいっぱい!!
このあとこの2倍くらいに増えたんですよ(涙)
映画「鳥」を思い出してちょっと恐かったです^^;;


席毛島は「イルマーレ」という映画が撮られた撮影地でもあるんです。
でも私達の目的は普門寺(ポムンサ)というお寺にある大仏さん。
c0153134_17253886.jpg
お姉さんがとてもお寺や神社などに詳しくて、
ここのお寺の大仏さんは韓国の神話にも登場するのだとか・・

c0153134_17123769.jpg

山の上に見えてる大仏さんがメインで、
横の建物の中にある仏さんは寝仏さんでした。
c0153134_17242938.jpg
c0153134_1726453.jpg

ふくよかで穏やかな大仏さんのお顔を拝見してると
なんか心まですっきりしたような気がします。
でも登りきるまでは大変だったー^^;;
c0153134_17285554.jpg


つづく・・・

財布 置き忘れる・・
[PR]
by tejisekki | 2010-05-06 12:37 | TRAVEL | Comments(6)