韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
**eastwind-3..
by tejisekki at 14:09
こんにちは! ソウちゃ..
by eastwind-335 at 19:11
**マチルダさん** ..
by tejisekki at 21:26
きゃ~テジさん!私もチュ..
by マチルダ at 16:16
**eastwind-3..
by tejisekki at 11:49
検索
タグ
(444)
(290)
(175)
(163)
(127)
(123)
(107)
(61)
(46)
(43)
(42)
(33)
(29)
(27)
(24)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:陶芸教室 ( 29 ) タグの人気記事
ハプ (蓋つきの器)
c0153134_14015337.jpg
だいぶ前に作った器ですが
ハプという蓋つきの器。
茶器に移る前にひたすら練習した器です。

なかなか使い勝手がいいです。
ちょっと残ったおかずの保管にもいいし
冷蔵庫から出してそのまま食卓に置いてもよし。
小さいハプにはコーヒー用に砂糖を少し入れておくのもいいし
低くて口が広めのハプは、ティッシュを入れてテーブルに置いているのもよし。
多肉の小さな鉢を集めて受け皿がわりにするのもいいです。

ハプ、楽しい器です。



[PR]
by tejisekki | 2017-12-11 14:08 | CERAMICS | Comments(0)
片口の器
c0153134_13391816.jpg
茶器のセットを作っているのですが
今週たくさん焼いたものを受け取りました。

今回はお茶を冷ますための片口の器が2点
小さいお茶碗、5点
茶器たちを温めたり、使わないお湯を捨てるための大きな器1点。

中でも片口がとても気に入ってます。

お茶を飲むようの片口は別にあるので
今回受け取ったものは
料理の器として使おうと思います。

c0153134_13392238.jpg
こちらはにんにくなんかを潰すときに使う
チョルグの形をイメージして作りました。
わざと指の跡をつけ、無骨な感じに。

中身は今週のソウ料理教室で作ってくれた野菜のお粥です。


[PR]
by tejisekki | 2017-11-29 13:46 | CERAMICS | Comments(2)
なつめと、穴あき器
c0153134_21355386.jpg
週末、お義姉さんに会ったときに立派なナツメを頂きました。
これが果肉たっぷりで、とても甘くて
本当にりんごの味がしました。
(韓国ではおいしいナツメを「りんごなつめ」と表現しているようです。)
私は乾燥させたナツメより、生のままのほうが
ずっとおいしいと思います。

漢方の薬効があるくらいなので体にいいのは当然!
消化不良を助けたり、抗がん物質が含まれていたり
アンチエイジングの効果も。

誰も食べないので、おやつがわりにちょこちょこ食べています。



c0153134_21355841.jpg
ナツメが入ったこの器。
とても気に入ってる鉢です。
先生に教えてもらったときには、えー素敵だから
穴を開けたくないなーと思ったんですが
穴を開けたからこその良さあり。
こんな風にそのまま食べる果物をのせたり
お肉をたべるときの野菜をのせたり。

ちょっとひび割れてしまったんですが
それもいいやと思える器です。



[PR]
by tejisekki | 2017-11-02 21:50 | CERAMICS | Comments(0)
ソウの陶芸
c0153134_21360435.jpg
先月は私の陶芸教室はお休みして
別の工房で娘が陶芸を習いました。

お試しでお皿の絵付けのみのつもりが
楽しかったようで、私も作りたい!になり
通わせてもらいました。

幼稚園や学校なんかでも出張授業されている先生で
優しく楽しく励ましながら教えてくださりました。
(集中が途切れたら他の生徒さん先生の作業場を行ったり来たり
挙句に「オンマがやりぃ」やったので、何度か険悪ムードになり
先生が仲裁にー。-;;)


でも・・遠かった・・・
釜山の近くまで毎回片道40分のバスは結構大変。
夏休みやから通えたし、1ヶ月だけやったからできました^^;



c0153134_21355744.jpg
ソウはもっと通いたがってたんですが
先生が来月からタイでボランティア講師を半年されるということで
先月で工房を閉められました。
若いのにすごいなぁ、いや若いからできるのか・・・

すべて綺麗に焼いてくださって
ソウも誇らしげに大事に使っています。
私は多肉の鉢がいちばんお気に入り^^



[PR]
by tejisekki | 2017-09-04 21:44 | CERAMICS | Comments(0)
共に考える宿題
c0153134_22230729.jpg
テーマ記者だけでなくて、月に1回ほど先生からもらった質問を調べてくる宿題があります。
今回の宿題は「しゃぼん玉はなぜいつも丸いのか?」

えーっ、難しいわ!!
と私が言ってしまうと、娘は簡単にあきらめてしまうので
胸にしまって・・・

雨が降ったりやんだりなので図書館にも行けず
あんまり好ましい方法ではありませんが、ネットで検索。

子供用に解説してくれているもの
実験方法の動画まで、親切なページがたくさん!

キーは表面張力なんですが、そのまま話しても?なので
わかりやすいように「お互いにひっぱってくっつこうとする力」
と二人で考え韓国語に直してもらい
動画どおりに実験もしてみました。

この実験が簡単ですがなかなか面白いんです。
まずは水の表面張力について簡単に実験したあと
写真のとおり台所洗剤を入れた水に針金の輪を入れて
しゃぼんの膜を作ります。
そこに円く結んだ糸を落として糸の中の膜を割ると
糸がぴんときれいな円形になる。
結局これはしゃぼん液にも水よりも弱いけど表面張力があって
それがしゃぼん玉をいつも円くするんだという結果になるわけです。

私はそれなりに娘に説明して、娘もほーーっと言ってたんですが
まだ私の中ではその説明に満足しきれていませんでした。

で、先生が今日教えてくださったのは
「四角い箱に入っているとっても小さいたくさんの物に
お互いにひっぱり合う力があると
集まって集まって集まって・・・
四角じゃなくて丸になるんだよー。
そしてそのひっぱり合う力が難しい言葉で表面張力といいます。」
娘は納得して得意顔で説明してくれました。


理科が苦手な私にはこういう宿題しんどいんですけど
私も勉強になるし、何より子供も楽しそうについてきてくれる。
どうしても私が「教えよう」としてしまうことが多いんですが
子と共に考える・・・先生もうまいこと考えてテーマだしてくださってるなーと思いました。

先ほど言ったとおり、なるべく私はわからないことはすぐにネットで検索
という方法は避けたいと思っているんですけど
今の時代の流れではなかなかそれが難しいですね。
宿題に検索した写真や絵なんかを印刷して貼ってくる時代ですから。
でも時間の余裕があるときは、調べ物は図書館で一緒にしたいなーと思うし
そろそろ国語辞典や、百科事典みたいなもの必要だなーと感じました。




c0153134_22231799.jpg
こちらは私だけの宿題・・・
先生から今までとは違うタイプの急須を考えてくるように言われて
考えついたのが南部鉄器のような急須。
本体部分を台形二つを組み合わせたようなあの形に近づけたかったのですが
違うなぁ。
そして注ぎ口もぼってりしてしまいました。
次、頑張ろう・・^^;


[PR]
by tejisekki | 2017-07-18 22:55 | そーちゃん | Comments(0)
急須
c0153134_22321443.jpg
いよいよ、また茶器の練習に戻りました。
これは今週作った急須。
口の部分と、蓋はだいぶんうまくなったんですが
肝心の本体の、特に蓋がはまる部分の作り方をすっかり忘れていて
先生にいっぱい手直ししてもらいました^^;
やっぱり難しいなぁ・・・
それに私はなんでも大きいサイズのものを作るのが苦手・・・


c0153134_22321788.jpg
これは最後の仕上げにとハプという蓋つき器を3点。
やっと蓋がきちんとはまるようになったんですよね、嬉しい>_<
練習つんだら、急須もうまく作れるようになる・・かな?!


c0153134_22322004.jpg
さて、こちらは先日焼いてもらった器たち。
うさぎカップ、とてもかわいく焼いてもらいました。
釉薬がかわいてしまったーと先生がおっしゃられっていた部分も
模様のようで気に入っています。
毎朝、娘がここに牛乳入れて飲んでいってます^^

[PR]
by tejisekki | 2017-06-21 22:39 | CERAMICS | Comments(0)
合わない蓋
陶芸教室、2ヶ月間先生がお休みされていたので
今月はリハビリ期間と称して、ハプという蓋つきの器を作っています。
c0153134_14052956.jpg
でも蓋が合わない・・・

c0153134_14053846.jpg
こちらも本体の直径と、蓋の直径が合わない(涙)
上の写真を見てもらったらわかりますよね・・・
ちゃんとはまるようにはなったんですが
本体の直径より短いので蓋がおさまった感じがしないです。

下の写真の手前はかなり先生に手直ししてもらったもの。
手びねりで作ったとは思えないくらい
指の跡も美しい・・・
言われたことを帰ってノートに取っているのに
作っている最中は忘れての繰り返し。
いつになったらきちんと作れるんでしょう。


奥の鉢、かわいいですよねー。
先生のカップデザインをいただいて、サバルという大きめの鉢を作りました。
サバルって、日本の器で言うと、抹茶をいただくときの器にあたるんだと思うんですが
韓国のものはもっとしゅっと鋭く立ち上がってるそうです。
先生曰く、麺料理をいただくのにいい器だそう。
私が作るとどうもぽってりしちゃってこれも課題。


単純に上手くなりたいです!!>_<



[PR]
by tejisekki | 2017-05-23 14:18 | CERAMICS | Comments(0)
茶器たち
c0153134_22252310.jpg
夏ごろから黙々と作り続けた茶器たち+楕円の器。
先生が焼いてくださいました。

恥ずかしくなるような粗さや不恰好なものもあるんですが
これだけ焼きあがると達成感を感じます。

と言っても、まだこれは序の口。
茶器セットが揃うまでには、まだまだ作るものがたくさんあります。

急須の分だけ、すべての茶器のセットを作り上げると保管がすごいことになるし
そんなにたくさんどうるするの?という家族の声が聞こえてきそうですが
日常に意味のないことだけど、夢中になったり
たくさん集まったり・・・そういうのが趣味でしょ!ということで・・・^^;

陶芸、本当に楽しいです。



[PR]
by tejisekki | 2017-02-03 22:39 | CERAMICS | Comments(0)
寛容
c0153134_22411295.jpg
この冬休み中、毎週子連れで陶芸教室に通いました。
冬休み中、当たり前に休むつもりだったんですが
冬休みの話をすると先生も奥さんも快く「連れておいでよ」
とおっしゃり、一緒に参加してるほかの生徒さんも子に「もちろん、会いたいー!」と言ってくださり
ありがたく、一緒に器を作りました。

本当にこういう所、韓国の方は寛容で
子どもたちに優しい方が多くてありがたいです。
公共の乗り物や、マート、道端などでもどれだけ助けられたことか・・・
友達ママさんも、それぞれの習い事に子連れで参加してると言ってましたしね。


で、娘も本当にたくさん自由に作ってました^^;;
最終週はままごとシリーズで、細々作って
先生もさすがに「これ釉薬塗れるかな・・・」とおっしゃってました。

私はやっぱり集中できず数は多く作れなかったんですが
いつのまにか、タガンという急須は卒業し
茶碗を4セット分(計14)作ってました。

でも娘、横で笑うんですよね・・・
私が作った茶碗を最後に先生が手直ししてくださるのをじーっとみつめ
「めっちゃ素敵になってる、全然違うー」とね。
そりゃそう、当たり前!!


まだまだ要修行です。
次回はトゥエスギ!湯水を捨てるための建水を作ります。
いっぱい見ておかないと。

[PR]
by tejisekki | 2017-01-10 22:56 | CERAMICS | Comments(0)
お茶の時間
c0153134_13551357.jpg
昨日は幼稚園で、2回目のお茶の教室がありました。
今回は抹茶。
韓国産の抹茶、初めていただきました。
日本で飲んだ抹茶より、少し渋みが強かったんですが
今済州島では抹茶の生産技術がどんどん上がってきてるのだとか。

抹茶を上手にたてることはできなかったんですが
先生のお茶に関する話を聞きながら
今回も楽しませていただきました。

今陶芸でも茶器を練習しているし
お茶教室とても楽しかったので、娘が卒業したら
お寺の茶道教室、通いたくなりました。




c0153134_13551862.jpg
教室から帰ってすぐの娘とのおやつ。
先生から教えてもらったとおり、子供でも飲める抹茶ラテをあげました。

与えすぎはダメですが少量のお茶を一緒に楽しむのは健康にいいとのこと。
そして大事なのはどんなお茶でもお茶を1杯のんだら、必ず水も1杯飲むこと。
体に負担をかけない飲み方だそうです。
知らなかったなー。

そして、期限ぎれの緑茶の葉や、出がらしなんかをティーバックに入れてお風呂に入れると
子供の冬のかさかさ肌にいいそうです。
試してみよう!


テーブルにあるコーヒーカップと花器、少し前に焼きあがったものです。
不恰好な部分もありますが、やっぱり自分で作ったものには愛着がわきますねー
いっそう、お茶の時間が楽しくなります。



[PR]
by tejisekki | 2016-11-24 14:10 | CERAMICS | Comments(0)