韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
**eastwind-3..
by tejisekki at 11:49
おめでとうございます! ..
by eastwind-335 at 07:03
**マチルダさん** ..
by tejisekki at 09:30
日本昔ばなし101、私も..
by マチルダ at 11:43
**eastwindさん..
by tejisekki at 21:49
検索
タグ
(433)
(283)
(172)
(163)
(125)
(121)
(102)
(60)
(46)
(41)
(40)
(32)
(27)
(26)
(23)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:韓国料理 ( 283 ) タグの人気記事
本気のチャプチェ
c0153134_14495004.jpg
先週の調理士試験の練習はチャプチェ。
材料も、試験どおり全部そろえました。
にんじん、たまねぎ、トラジ、きゅうり、もやし、干ししいたけ、きくらげ、肉
これを下味をつけるものはつけ、それぞれ炒め、麺も湯がいて別に味付けして
最後に合わせる、チャプチェの本来の作り方で、作ります。

我が家のチャプチェは、残った野菜で
全部まとめて炒めて、麺は水戻ししたものを
醤油だれで一緒に炒め煮し、最後に合わせる簡単な方式。

本来の作り方で作ったら、やっぱり野菜がしゃっきりしていておいしいなー。
面倒だなーと思いますが、やっぱりちゃんと意味のあることですね。

本気のチャプチェ、家族はいつもと変わらんといいますが
私はやっぱりこっちがおいしいと思います。
お客さん用にはこっち!!



c0153134_14495302.jpg
こちらは豆腐のチョッグッチゲという汁物。
試験では牡蠣で作りますが、冷凍庫にムール貝があったので代用。
こちらも、家で作るのとは材料も、方法も違います。

やはり試験料理は見た目に綺麗です。
どの料理にも材料や完成品の規格があって、何cmに切るとか
何cmに仕上げなさいという指示があります。
最初はなんでー?と思ったんですが、出来上がったものをみると
やっぱりバランスよく、美しい。
規格にも意味があるんだなーと思います。


明日は祝日で授業もお休みなので、また復習!


[PR]
by tejisekki | 2017-06-05 15:03 | COOKING | Comments(2)
にんにくの芽のチャンアチ
c0153134_22370847.jpg
にんにくの芽、出回ってますね。
最初に買った大束は炒め物、和え物なんかにして食べて
その次に買ってきた大束は、チャンアチに。

コチュジャン漬けと、醤油漬けの2種にしました。
コチュジャン漬け、今までも何度かしてるんですが
今年のはおいしいです!

去年家で作ったコチュジャンだからおいしいのか
にんにくの芽を塩水で発酵させた具合がよかったのか
家族にも大好評。


酢・醤油・梅シロップで漬けた醤油漬けのほうは
ま、平凡な味です^^;
以前、どこかの食堂で食べた、醤油を使わないチャンアチを作ってみたいんですけど
うーん、塩・酢・砂糖で作るんかな?
ま、それはまた次回に。



c0153134_22365556.jpg
今日もチャンアチ漬けました、
今日はコムチュィ(オタカラコウ)のチャンアチです。
しーっかり漬けこんで、これでサムギョプサルを巻いて食べるとおいしいんです。

この時期、色々なチャンアチを漬けるのにめちゃくちゃ大きい役割を果たしてるのが
娘があっちこっちで拾ってきた大きな石たち!
洗って、熱湯消毒して、念のためビニールに入れて
漬物石として働いてくれてます。

娘は今まで渋々OKしてくれましたが、これ以上はもうくれないそうです^^;;



[PR]
by tejisekki | 2017-05-25 22:50 | COOKING | Comments(0)
新玉ねぎのスープ
c0153134_21431622.jpg
新玉ねぎ、出てきましたねー。
新玉ねぎが出ると作るのがこの玉ねぎと牛肉のスープ。
唐辛子粉、にんにく、しょうゆ、塩、ごま油でお肉に下味をつけ
たまねぎと一緒にまず炒めて、お水と昆布を入れ、20分煮て昆布を取り出します。
ねぎを入れて、塩で味を調えてできあがり。
「이밥차」という料理雑誌がカカオトークに送ってくれるレシピです。

本来はもうちょっと唐辛子粉を入れる赤いスープですが
娘も食べるので控えめに。
玉ねぎの甘みと、辛味がよいスープです。



c0153134_22163862.jpg
おのぼりさんな写真ですが
「せんとくん」が好きなわけでもなく、知ってるわけでもありません^^;

今回の帰省から、娘も子供料金を払うようになったので
娘の切符ができました。
電車に乗る度にそれが嬉しく、切符と一緒に記念撮影し
降りて改札を通る度に切符がなくなり悲しむので
「切符ください」と自分で言わせて、もらうようにしました。

電車の会社ごとに「無効」のはんこと、「小人」のマークが違うので
色々な私鉄の切符を集めるのが楽しいそうです。



[PR]
by tejisekki | 2017-04-19 22:22 | COOKING | Comments(0)
スンドゥブチゲと、 お姉ちゃんぶり
c0153134_13472246.jpg
昨日の夕飯は、スンドゥブチゲ。
帰省したときに一日だけ夕飯作ったんですが、このスンドゥブ好評でした。
そんなにおかずがなくてもこれだけでご飯進みますしねー

味の決め手は魚介類で、料理の先生が2種類は入れてとおっしゃってたんですが
海老はあんまりよくなかったし、イカは高級魚介になってるし・・・
超特価1袋 500ウォンのあさりだけ入れました。
それでもおいしい!




c0153134_13455902.jpg
高校のときの友達も出産ラッシュ!
これからは帰るたびの楽しみになりそうです。

友達も言ってたんですが、子どもが赤ちゃんをあやすのって
大人とはまた違って面白いんですよねー。

そういえば、従姉妹の子は、うちの娘と遊んでくれたとき
自分のかばんについているキティーちゃんでいないいないばあして遊んでくれてたなぁ。
そーちゃんも
「これは耳でしょうか、目でしょうか、口でしょうか?」とクイズを出し
「答えがないやんー」と自分で突っ込んで
友達の赤ちゃんと一生懸命遊んであげてました。

c0153134_13455504.jpg
前回は姪っ子ちゃん、人見知りの真っ只中で
実家に来ているあいだずっと泣いちゃったんですが
今回はこのとおり、二人で遊んでる姿も^^

いとこ同士だけに、食べ物への関心度、声が大きいところ
とか似ているなーと面白かったです。

二人とも、大人の私たちより、娘をずっと目で追いかけてるんですよね。
子供同士は何か通じるところがあるんでしょうね。

妹弟がいない分、他の赤ちゃんに会うときはうーんと遊んであげて
優しくしてあげな!



[PR]
by tejisekki | 2017-04-14 14:00 | COOKING | Comments(0)
エゴマと鶏のカルククス
c0153134_12322276.jpg
週末のランチは、カルククス。
今回は、エゴマのスープにしました。

テレビでエゴマと水をミキサーにかけて濾したもので
わかめスープにしたり、鶏と煮たりしているのを見て
うちでも同じようにやってみました。

エゴマ粉をスープにといて使うより、このやり方のほうが香ばしさがアップするそう。

スープの出汁はそのエゴマと、チムタクという鶏の煮物をしたときに
さっと鶏を湯がいた茹で汁の残りを使って。

ちょっとまだ肌寒い日もあるので、とろみのあるカルククス
体が温まっていいですねー。


進級した娘はいつも楽しそうに通っていて
新しいクラス・先生の話もよくしてくれて心配していなかったんですが
先週の金曜日は体調も崩し、帰ってきてすぐにこてんと昼寝をはじめ
急に目を覚ましたら、大泣き。
20分ほど、何をしても泣き止まず、声を枯らしながらも泣き続けました。
結局娘の言うとおりにベッドに連れて行って布団をかけるとまた1時間寝ました。

2,3歳の頃はこんなことよくあったんですが
久々だったので戸惑いました。
ぎゅっと抱っこしてもだめだし、優しく話しかけてもだめ、
そっとしておきながら側にいるのが一番だったんですよね、そういえば^^;
どうしようどうしようとあたふたしながら、ふと思い出しました。
娘なりに、不安もあり緊張もあったのでしょうね。

その後自分から起きてきたときにはケロッとして
泣いていたことを話すと、覚えていないとのこと。
なんとなく夢見てると思ったと言っていました。

進級しただけで、そんなに変わってないと思ってしまいがちなんですが
本人にとったら、少しの変化が大きな変化だったのかもしれないし
本人もその変化に気付かないところで、不安になったり緊張したりしてたのかもしれませんね。

ま、家で発散してくれたらそれでいいなーと思います。
もうちょっと時間がたてば、すっかり慣れるんじゃないかな。
頑張れ、娘!


[PR]
by tejisekki | 2017-03-13 12:50 | COOKING | Comments(0)
ミナリごはん
c0153134_22344670.jpg
最近料理雑誌を買ってないんですが
スマホに定期的に送られてくる料理雑誌のレシピはよく使っています。

このサムギョプサルとミナリごはんの丼もそのレシピから。

ミナリ(セリ)は湯掻いたり、3・4cmに切って和えると
かみきりにくくて、娘も飲み込めないーと言ってたんですが
細かく切ってご飯にまぜ、しかもお肉がのってると何も言わずに食べてました。

お肉のこってりが、ミナリの香りで爽やかになって
お弁当に入れても好評でした。
春らしい丼です。




[PR]
by tejisekki | 2017-02-17 22:47 | COOKING | Comments(2)
2017 テボルム
c0153134_21491873.jpg
今日は旧正月過ぎて初めての満月、テボルムです。
毎年この日は一応ナムルを用意してるんですが
今年は本格的に9種!!

というのも、娘が幼稚園でテボルムについて
正確に教わってきたんですよね・・・
五穀米とナムル9種類食べて、から付きのピーナツをかじるんだよー!という具合に。

9種か・・・テボルム用に用意してあった干しナムルは3種類
そこに家にあったゼンマイ、割干し大根、シレギ、チュイナムル、なすびを足して
豆もやしは今日、急いで買いに走りました^^;

これでビビンバにして食べて、
娘と私はピーナツをかじり、アッパは金槌でクルミを割って大きな音を出して
家にいる悪いものを追い払いました。
(↑この行事の意味も娘が教えてくれました)



今日は日曜日なのに早起き。
先週は出かける用事が多かった上に、今年の山岳会もスタートして
疲れいていたのか、昨日は片付けもせずに娘と寝てしまいました^^;

パンを焼かなくても、お弁当を作らなくてもいいのんびりな早起きはいいもんです。
さ、そろそろ朝食準備しよう!!
よい週末を^^


[PR]
by tejisekki | 2017-02-12 06:50 | COOKING | Comments(0)
コムタン
c0153134_11575679.jpg

旧正月前に作った牛骨スープ、コムタンで食べました。
家族に大好評で、とても重宝してます。
1回分ずつ小分けにしているので
食べたいときに食べられる。


このスープを使うとキムチチゲも
グレードアップ!

プデチゲにも使ったけど
ちょっともったいないかな
煮干し・昆布の出汁でも充分かなぁ。
スパムのパンチが効きすぎでスープの味がわかんなかったです。




c0153134_11581035.jpg
我が家にも一足先に春がきました。
昌原市内にでかけたときに
娘がアッパに買ってもらったチューリップ。
近くでもちらほら梅が咲き始めていて
花粉も飛び始めてる(涙)
もうちょっとで鎮海の冬が終わりそうです。

[PR]
by tejisekki | 2017-02-09 22:20 | COOKING | Comments(2)
牛骨スープのトックッ
c0153134_17324451.jpg

今年の旧正月は、牛骨スープでトックッを作りました。

ついに、寸胴鍋を買って牛骨スープに手を出しました^^;
水を換え、計3回、合計7~8時間煮続けます。
茹でこぼしも1回。
手間と時間とガス代がかかるスープ。

でも、外でソルロンタンとかコムタン食べたり
お肉屋さんで牛骨スープを買ってきたりすること考えたら
まあ、トントンなんじゃないかなと思うことにしました。
1回スープを煮ると、15リットルくらいできますしね。
それを小分けにして冷凍してます。

娘がソルロンタンが大好きで
給食の献立にソルロンタンが出ると1週間くらい前から指折り待ってるんですよね。
もちろん、私たちも好きでソルロンタンで食べるのも良し
牛骨スープのキムチチゲとかプデチゲは濃くて良し。
なので、作ってみたんですが、やっぱり市販品とは違う濃さ!おいしくできました。
手間はかかるけど、難しいことはないですから失敗はないんでしょう。


濃いートックッで旧正月を迎え、
また1年頑張ろうと思います。

セへ 福 マーニ パドゥセヨ



[PR]
by tejisekki | 2017-01-29 17:44 | COOKING | Comments(0)
シレギと、ウゴジ
c0153134_21434268.jpg
キムジャンのときに使った大根の葉
とても綺麗で新鮮だったので、すぐに干してシレギに。
今までも何度か干したんですが、こんなに色が綺麗に上手に干せたのは初めて。
鎮海の家は南向きで太陽サンサン、山風&海風ですぐにカラッカラッに干せたからかな。





c0153134_21432288.jpg
初めてはエゴマ油とチョソンカンジャンと出汁でじっくり炒めてナムルに。

アッパがなんで干したものをまた戻して料理するんやろうなーって言ってましたが
ナムルもいけるし、お肉と煮ても、おいしいんですよねー。
そして生よりも栄養価が高いんですってねー。
わざわざ手間かけるのに納得。








c0153134_21431080.jpg
あともう一つ、キムジャン後の手間がウゴジ。
ウゴジは、白菜の外側の緑色の葉の部分・・・
要するに固すぎてキムチには使わない部分です。

キムジャンの白菜がとても綺麗だったので
15株分のウゴジを選り分けて、少しずつ湯がいて
チゲ・スープ用に小分けにして冷凍しています。

今晩のスープは、このウゴジが入ったヘジャングッ。
安いオージービーフでしたが、じっくり煮込んだのでそれなりにおいしかったです。
何より、とろとろになったウゴジがよし!

本当に昔の人は材料を綺麗に使いきるために色々考えて手間かけて・・・
頭が下がります。



[PR]
by tejisekki | 2016-12-20 22:01 | COOKING | Comments(0)