人気ブログランキング |


韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
sewing
未分類
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
忙しくてもおいしいごはん...
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
** eastwindさ..
by tejisekki at 10:47
おはようございます。 ..
by eastwind-335 at 07:39
**myokaminさん..
by tejisekki at 22:18
ウチも少し前、同じような..
by Myokamin at 16:54
** eastwindさ..
by tejisekki at 23:34
検索
タグ
(512)
(366)
(201)
(175)
(165)
(145)
(141)
(76)
(55)
(52)
(50)
(44)
(44)
(31)
(31)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
百済の旅③ 扶余(プヨ)と公州(コンジュ)
2日目、ここからが本当に百済の旅です。

高校の時に世界史を選択したので、高句麗、百済、新羅、伽耶の名前と
日本とのかかわりについてはなんとなく知っていたので、
歴史を巡る旅も面白そうだなーと思い、日本に仏教を伝えた百済に決めたのです。

そんな歴史について易しく説明してくれるのが
扶余にある백제역사문화관(百済歴史文化館)です。
c0153134_2049413.jpg

残念なことにここに展示されているのは、全てレプリカだそうですが
百済のお城や、王陵、市民の暮らしについてわかりやすく説明されてました。
c0153134_2042997.jpg
c0153134_20522053.jpg


この博物館のすぐ側にロッテ扶余リゾートというのが2013年にできるようで
ますます、こちらに観光客が集まりそうです。
でもせっかくの扶余の穏やかな風景に、ゴルフ場やスパはちょっと合わないかな・・
と勝手に心配になりました^^;



そして博物館を出て、車でちょっと15分ほど走ったところでランチ。
구드래돌솥밥(クドゥレトルソッパプ)
c0153134_20462737.jpg

石焼ごはんが有名なお店だそうです。
私は韓国のブロガーさんの旅行記を見て、ここを選んだんですが
ソウルナビさんのほうにも紹介されてますね。→ 
c0153134_20474215.jpg

おかずの数で勝負!という感じのお店で、
私達が頼んだ돌쌈정식(トルサム定食・17000ウォン)の中では
ポッサムが一番おいしかったです。
広いお店なので、ツアー客の人が多かったです。


そして、お腹もいっぱいになったところで・・
お散歩がてらに、百済のお城である泗沘城(サビソン)へ

百花亭(ペッカジョン)と落下岩(ナッカアム)から見た扶余の風景
c0153134_20403042.jpg
c0153134_20381515.jpg


泗沘楼(サジャル)
c0153134_20433795.jpg


離宮のお庭である、宮南地(クンナムチ)
c0153134_2036547.jpg
c0153134_2059057.jpg

蓮の花が見事に咲いていて、確かに優雅な感じ・・
でもあいにくの雨でゆっくり見れず^^;;
一ヵ月後には蓮の花祭りがこちらで開かれるそうです。



最後はソウルに帰る道沿いにある公州の(コンサンソン)です。
c0153134_2033313.jpg

公州は扶余の前に都が置かれたところで
このは、敵からの攻撃を防御するために作られた山城です。
c0153134_20511735.jpg

やっぱり雨がやまず、ぐるっと一周まではできなかったんですが
公州の町を見渡しながら、今回の旅を締めくくれました。


やっぱりもっと知識があったら、きっともっと楽しめたと思うんですが
急遽決まった旅行先だったので、準備もできず
旅行のルートを決めるだけで精一杯でした。

でも二日間、ソウルでは見られない、穏やかな風景を見ながらドライブできて
二人ともリフレッシュできました。
二人ともまとまった休みが取れると「日本に帰らなきゃ!」というのが
頭にあって、なかなか他の国への旅行ができないんですが
韓国国内にもまだまだ楽しめるところがたくさんありますね。

今年の目標「春夏秋冬 旅行三昧」着々と遂行しています。


長い長い旅行記、最後まで読んでくださった方、ありがとうございました^^



c0153134_20535553.jpg
泊まったペンションのインテリア
私達には似合わないゴージャスな感じでした^^;;
by tejisekki | 2010-06-01 20:21 | TRAVEL | Comments(2)
Commented by koolkooly at 2010-06-04 19:01
高句麗、百済、新羅、名前は知ってるけど日本との関わりはよくわかりません!!世界史、大嫌いでした!!中国の人も韓国の人も名前が難しくて!今でも名前覚えるの苦手ですTT
そんなわけで今更歴史を知らずに困ってるわけですが・・・^^;

歴史はともかくチャングムに出てきそうな風景がいいですね~^^
さぞかしリラックスされたことでしょう!緑が多いところに行くと気持ちいいですよね?
Commented by tejisekki at 2010-06-04 22:26
**yukikiさん**
中国と韓国の歴史は、漢字が出てくるからまだ覚えやすかったんですけど
ヨーロッパとかイスラム世界は似たようなカタカナばかりで私もすごく苦手でした^^;;
やっぱり日本の教育は暗記の教育なので、地名や人名は聞いたら
「あっ!聞いたことある!!」って思えるんですけど
歴史の流れや、なぜそうなったかなんてのは全然ダメですね^^;;
でも、ウォンは私以上に韓国の歴史を知らないんです>_<
私達に子供が生まれたらどうなるのかしら。

本当に今回の旅は目の保養になり、本当に気持ちよかったです^^
雨が残念だったんですけど、新緑の季節だったから
田んぼの香り、青々とした木々・・田舎の風景を満喫できました。
<< ウォン、三十路 忠清道 百済の旅② 礼山(イェサン) >>