韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
sewing
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
**マチルダさん** ..
by tejisekki at 06:34
私も実は行けませんでした..
by マチルダ at 23:58
**マチルダさん** ..
by tejisekki at 20:25
**マチルダさん** ..
by tejisekki at 20:23
ケランチム美味しそうです..
by マチルダ at 20:14
検索
タグ
(484)
(327)
(188)
(169)
(151)
(139)
(128)
(71)
(51)
(48)
(45)
(44)
(40)
(29)
(28)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
思悼世子(サドセジャ)の本
c0153134_11314106.jpg
ここのところ毎晩の楽しみになってる本がこちらの本。
去年だったか「サド」という映画で話題になった
不幸な王子、思悼世子(サドセジャ)についての本です。

韓国の歴史に興味があるんだけど、どの本を選べばいいかわからず
歴史の本をたくさん持っている娘の友達のお母さんに相談すると
ぴったりな1冊を貸してくれました。

思悼世子(サドセジャ)の不幸な結末へ至るまでの
色々なかかわる人たちの思惑、父である英祖という人となりについて
さまざまな文献を照らし合わせて、より事実に沿って書かれた本のようです。
小説じゃないんだけど、ドラマ以上にドラマチックです。

当たり前に現代小説以上に難しい部分もあるんですが
話が面白くて、続きが気になって読み飛ばして
あ、やっぱり詳しく知りたいというところは辞書を片手に読んで・・・
そんなこんなで、あと残り少し、いよいよ思悼世子の最期の部分まで来ました。




のはらひめ―おひめさま城のひみつ

中川 千尋/徳間書店

undefined

つづいては娘の本。
この絵本、はまって出したら立て続けに3回読みました--;
お姫様に憧れる女子にぴったりな本だと思います。

『ことりだいすき』のなかがわちひろさんの絵本で
絵がやっぱりかわいらしくて、きめこまかーい。
絵の中にも隠れたお話というか、あ!となる部分があって
好きなんですよねー
最後のオチがあるとこも、二作品ともくすっとなります。


親子で読書の秋、満喫中です。
[PR]
by tejisekki | 2016-10-12 22:10 | book | Comments(0)
<< 強がりさんの海老チャーハン 河東 坪沙里 (ハドン ピョンサリ) >>