韓国で家族のためのパン、ごはん、おやつ
by tejisekki
カテゴリ
全体
KOREA
COOKING
BREAD
SWEETS
CERAMICS
TRAVEL
そーちゃん
その他
book
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
お気に入りブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
::驟雨::
あじ風呂 -asian ...
キシノウエンの 今日のて...
ゆうこのつれづれ日記 i...
縁-en-@こりあ
su・te・ki Seoul
My Sweet Diary
韓国*スイーツ
三度ばぶーな日々~まんね...
うみのいえ
miaのブログ
キューニーの食卓
walking slow...
Good Morning...
糸音 sil-eum
キラキラのある日々
最新のコメント
** eastwindさ..
by tejisekki at 14:33
こんにちはー! そうち..
by eastwind-335 at 06:58
**マチルダさん** ..
by tejisekki at 11:52
サチョン海水浴場! 5..
by マチルダ at 14:07
**eastwindさん..
by tejisekki at 13:08
検索
タグ
(480)
(322)
(184)
(167)
(145)
(134)
(125)
(70)
(51)
(45)
(45)
(44)
(38)
(29)
(27)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夏休みに読んだ本
c0153134_22101275.jpg
夏の特等席。
2階の廊下にある窓が我が家の中でいちばんよく風が入る窓。
夏休み後半はそこに椅子を置いて、よく読書しました。

そういえば、この家を見に来たときに
すぐにこの廊下にはうちの本棚3つを置いて
ソウの読書場にしようって言ってたんですよね。
窓辺に折りたためる机、早くつけてあげないとね!アッパ!!



この夏休みに読んでよかった本を記録します。
c0153134_22104451.jpg
「(おじいさんの家には幽霊が住んでる)」
釜山の古くからある集落に住むハラボジ。
ある日転んで怪我をしてしまうのですが
それをきっかけに家に住む幽霊が見えるようになります。
この幽霊がワケありの日本人の幽霊だったのです。
戦争が起こるずっと前、この日本人の幽霊は
商売をしに釜山に渡ってきて日本人集落に住んでいました。
結局一生を釜山で終えてしまい、日本に帰れないまま
しかも自分のお墓さえどこにあるかわからないということで
ハラボジと一緒に探し始めるというお話。

実はこのハラボジも朝鮮戦争中に北朝鮮に家族を残して
釜山へ非難してきた人で、二人の国は違うけど
故郷に帰れず家族にも会えない悲しみを持つという共通点があったのです。

日韓の歴史というと、豊臣秀吉の時代の話
大戦中の話が大きく取り上げられますが
これはまた違った歴史を教えてくれた本でした。
韓国の人にも日本の人にも、ぜひぜひ読んでいただきたい本です。




c0153134_22104946.jpg
2冊目は「언제나 소중한 너에게 (いつも大切なあなたへ)」
ハルモ二の絵がとてもかわいらしくて手に取ったのですが
草花を通してハルモ二の教えが描かれた本です。

このページを訳してみますね・・
  私が押さなかったころ、ネコジャラシでたくさん遊んだよ。
  茎を半分に割って鼻の下につけたらひげになるんだよ。
  でもネコジャラシをちょうど半分に割るのって思ったより難しい。
  片方が重いとひげが何度も落ちちゃうんだよ。

  私たちが生きていくときも考えがどちらか一方に偏ると
  事を誤ってしまうよ。
  いろいろな話に耳を傾けいろいろに考えてごらん
  開けた心と開けた判断、それがお前をぐっと育ててくれるはず

こんなように、ハルモ二の教えは続きます。
この本、もう一度読みたいのですが人気なようで
いつも貸し出し中。



c0153134_22105507.jpg
こちらは美術館の展示の中にあった絵本。
庭で植物を使って遊ぶ方法がたくさん書かれていて
じっくり読みたいなーと思ってメモしておいたのに
図書館にはありません・・^^;;
楽しそうな本なのになぁ。



日本の本からも1冊

こぶたのレーズン (こぶたのレーズンのおはなし)

バーリント・アーグネシュ/偕成社

undefined

小人のマノーと、こぶたのレーズンが一緒に暮らすお話。
どこかで聞いたことのある台詞
どこかで見たことのある行動を連発する・・・けど憎めないレーズン。
小人だけど、立派な考えを持った大人のマノー。

ソウは読みながらレーズンの甘えんぼうっぷりに苦笑い。
きっと自分の幼い頃のこと思い出してるんでしょうね。
がみがみ言うのではなくマノーみたいに上手に子に接してあげられていれば!
と私自身も考えさせられました^^;

今晩寝る前も読んでにんまりしながら寝ました。

シリーズ2冊目も購入済み。
楽しみです^^

この夏もたくさん本読んだねぇー


[PR]
by tejisekki | 2018-08-30 22:47 | book | Comments(0)
<< ソットッソットッ ホワイトソースと、ドライカレー >>